大嘗祭から年末にかけての星座別「金運ランキング」1〜6位

近づく「大嘗祭」で名実ともに幕を開けるともいえる「令和」。そんな時代の大きな節目を経て、これから年末にかけての星回りには、どうやら「お金」をめぐる大きな変化の兆しが出てくるようですーー。

 

10月22日の「即位礼正殿の儀」につづき、11月14日夕方から翌未明にかけて「大嘗祭」が執り行われるなど、主要な皇位継承儀式が相次ぐ、この秋。国民にとっては、文字どおり時代の大きな「節目」を迎えるわけだが、じつは「日本そのもの」の運気においても大きな変化が訪れるのだという。

 

「天皇陛下が即位されて元号が令和へと変わった5月ごろから、すでにその兆候はありましたが、大嘗祭の前後から年末にかけては、運気がいっそう顕著な変化を見せてくるのです」

 

そう語るのは、本誌でも占星術の連載を持つステラ薫子さん。新天皇の即位と西洋占星術の世界は、一見、無関係のようにも思えるが、「神道における祭事・天文・暦の動きと、占星術の星の動き・数秘の法則は非常に似ているのです」と解説する。

 

では、その運気が大きな「うねり」を見せる大嘗祭の11月から年末にかけて、私たちにとってもっとも気になる経済=金運は……。

 

最初のポイントは9月23日の秋分の日。この日の前後に、太陽と水星、そして火星が、「パートナー」を表す部屋に入ったことが大きな意味を持つという。

 

「大局的な視点で言えばアメリカとの関係に変化が見られます。日本に対してパートナーとして手を結びながらも、攻撃的な姿勢をとる、というカタチになっているのですが、先日合意した日米貿易協定などが、まさにそのいい例です」

 

また、もっと身近なところでは、「覚醒」や「独創性」を意味する天王星の影響を受けるため、貨幣価値の変化があるとも。

 

「このことが示唆しているのは、本格的なキャッシュレス時代の到来と、仮想通貨のいっそうの進化だと思います」

 

そして、こうした経済をめぐる変化が大きくうねりだすのが「大嘗祭」。ここからは、実質的に日本の「再生」がスタートする。ステラさんが、大嘗祭から年末にかけての金運ラッキー星座ランキング1〜6位を解説。

 

【1位】射手座

 

「幸運の星・木星とお金の星・金星が射手座に幸運をもたらす時期。思慮深くなり洞察力も出てきます。買い物や財テクの取り組みにはよい時期。ただ、不動産を示す場所には迷いの星が入っているので不動産投資は避けましょう。友人との共同事業にもツキがあります」(ステラさん・以下同)

 

【2位】牡羊座

 

「『情報収集』が金運アップのキーワード。特に、海外の経済情報や最先端の金融サービスをチェックしてみて。海外旅行や自分磨きへの投資が今後の金運を押し上げてくれます。また、資産運用では意見をしっかり主張してください。相続から金運が得られる運勢になっています」

 

【3位】獅子座

 

「この時期はお金を回すことが重要に。人との交流で知識を増やしたり、人脈を拡大したりする行動が吉。また、今後の働き方を考えることで、新たな収入が得られそうです。投資については勝負運があるときですが、保守的な気質も顔を出しますので、下調べのうえで少額の投資から」

 

【4位】山羊座

 

「仕事や雑務で忙しくなりそう。そのためお金のことを考える時間は取れそうにありませんが、結果的に散財は防げます。友人や仕事を通して得た情報には金運を上げる有効なネタがあるので、口コミから得る情報には敏感に。なお、お金の悩みがあった人は解決する暗示が」

 

【5位】牡牛座

 

「周囲の人が金運を運んでくる運勢。夫や友人のアドバイスは素直に聞きましょう。また、シングルの人は金運を持つ相手との出会いの予感。さらに、誰かからギフトをもらえる運気も。いっしょにいる相手の金運があなたによい影響を及ぼすので、できるだけ誰かとともに行動しましょう」

 

【6位】乙女座

 

「投資や財テクなどのお得な情報が入りますが、『お金を守りたい』意識が強くなるため思い切った決断ができません。ただ、しっかり準備した対策なら試してもよさそう。また、家族関係で予想外の出費がかさみそう。臨時のときのためのお金には余裕を持たせておきましょう」

 

大嘗祭を境に、時代は『再生のとき』を迎える局面に入り、大転換の時期になるという。

 

「それにより、経済的な不安定さを感じる人が多くなりますが、今までの概念を打ち破り、新たなアクションを起こす人が勝利を収めるようになっていきます」

 

そう聞くと「具体的にはどうすればいいの?」と戸惑うかもしれないが、ステラさんによれば、その答えはいたってシンプル。

 

「お金を使って運気を上げる、ということがとても大事になります。将来の不安に備えるには貯金ばかりしていてもダメな時代です。それよりも、資格取得や自分磨きにお金をかけて、自分自身を“再生”させるほうが、よほど賢明。もちろんリフレッシュのために趣味にお金を使ってもかまいません。そもそも消費をしないとお金は回りませんし、お金がないと嘆いてばかりでいると、どんどん負のスパイラルに陥ってしまいます。それよりも多少の出費には目をつむり、友人の誘いを受けて縁を作り、そこから新しいアプローチを見いだしたいですね。まさに、積極性がお金を生み出す時代になるといえるでしょう」

関連カテゴリー: