12月16〜31日の星回り セミナー&女子会でお金の情報を!

近づく「大嘗祭」で名実ともに幕を開けるともいえる「令和」。そんな時代の大きな節目を経て、これから年末にかけての星回りには、どうやら「お金」をめぐる大きな変化の兆しが出てくるようですーー。

 

10月22日の「即位礼正殿の儀」につづき、11月14日夕方から翌未明にかけて「大嘗祭」が執り行われるなど、主要な皇位継承儀式が相次ぐ、この秋。国民にとっては、文字どおり時代の大きな「節目」を迎えるわけだが、じつは「日本そのもの」の運気においても大きな変化が訪れるのだという。

 

「天皇陛下が即位されて元号が令和へと変わった5月ごろから、すでにその兆候はありましたが、大嘗祭の前後から年末にかけては、運気がいっそう顕著な変化を見せてくるのです」

 

そう語るのは、本誌でも占星術の連載を持つステラ薫子さん。新天皇の即位と西洋占星術の世界は、一見、無関係のようにも思えるが、「神道における祭事・天文・暦の動きと、占星術の星の動き・数秘の法則は非常に似ているのです」と解説する。

 

では、その運気が大きな「うねり」を見せる大嘗祭の11月から年末にかけては、具体的にどのようにすればいいのか。私たちにとってもっとも気になる金運は……。

 

そこで今回、ステラさんが西洋占星術による星回りの読み解きにタロットも加え、金運アップのための「やるべきこと」を、週ごとに解説してくれた。

 

■12月16〜22日の星回り

 

【金運タロット】「ワンドの1」=情熱、行動力、決断力、強い意志などパワフルな意味合いを持つ。

 

「自己投資運が絶好調。海外旅行や資格取得、副業など、やりたかったことにチャレンジすると大きな前進がある週です。周囲の仲間たちが金運を運んできてくれるので、親しい人を誘ってイベントや趣味の集まり、ホームパーティなどに参加してみて。また、楽しみながら金運を上げられるときでもあります。投機や投資にも関心が出てきますが、こちらはきちんと知識を蓄えてから始めてください。エコを意識したり、ミニマルな生活を目指すなど、ライフスタイルを変えるのもストレスフリーな節約に。健康に目を向けることで金運もアップしてくれそうです」(ステラさん・以下同)

 

【 金運アップのための「やるべきこと」】セミナーなどに参加してお金の知識を精力的に学ぶべし!

 

「情熱のままに行動することが金運アップにつながるときです。お金の知識が不足しているな、と思ったらファイナンス関係のセミナーに足を運んでみましょう。副業やフリーマーケット、ネットオークションなど、思いついたものは熱が冷めないうちに試してみましょう」

 

■12月23〜31日の星回り

 

【金運タロット】「カップの3」=問題解決、友情、思いやりや心の豊かさなど、安定した心境を意味する。

 

「ついつい情に流されて、無用なお金を使いやすい時期。ですが、この週の寄付やボランティアは近い将来、金運につながる幸運のギフトですから、積極的に取り組んでください。大きな幸せとして必ず戻ってくることになるでしょう。いっぽうで、あなたの奉仕の精神につけ込んでくる詐欺にはくれぐれも注意が必要です。また、ストレスがたまると買い物や飲食にパッとお金を使いたくなる時期でもあります。ストレス発散には、買い物よりも夫とともにどこかに出かけたり、友人たちと交流するのがよいでしょう。年末年始に必要なお金はきちんと確保しておくこと」

 

【 金運アップのための「やるべきこと」】信頼できる女友達と女子会で「お金」の情報交換を!

 

「まさに『三人寄れば文殊の知恵』という運勢。信頼できる相手との会話から、的確なアドバイスを得られることでしょう。友人とお金の情報交換をすると、年末に実を結びそうです。複数の人たちとの会話が金運を上げるカギといえるので、積極的に女子会を開くのが◯」

 

西洋占星術とタロットのWアプローチで、これから年末にかけての金運が上がらないはずがない!?

関連カテゴリー: