日本でもっとも億が出てるのは?「爆当たり売り場 東日本編25」
東京都・有楽町大黒天宝くじ

今年も1等・前後賞含め10億円の、年末ジャンボの季節がやってきた(11月20日より発売)。今回本誌は、’11年から8年分の年末1等売り場のデータを入手。47都道府県別に、もっとも年末に強い売り場を選びだした。そのなかで東日本の「年末ジャンボに強い売り場」は次のとおりだ。

 

【北海道】「大通地下チャンスセンター」1等当せん実績:’11年年末3億円、’16年年末8.5億円
【青森県】「サンワドー八戸新井田店」1等当せん実績:’14年年末7億円
【岩手県】「ユニバース久慈SC店」1等当せん実績:’11年年末3億円、’17年年末10億円
【宮城県】「卸商団地チャンスセンター」1等当せん実績:’14年、’15年連続年末7億円
【秋田県】「イオン大曲チャンスセンター」1等当せん実績:’17年年末8.5億円
【山形県】「ヤマザワ米沢中田町店」1等当せん実績:’13年年末7億円
【福島県】「平一町目宝くじセンター」1等当せん実績:’12年年末6億円、’16年年末10億円ほか
【茨城県】「ジョイフル本田ひたちなか店」1等当せん実績:’15年年末10億円
【栃木県】「宇都宮アピタチャンスセンター」1等当せん実績:’11年年末3億円
【群馬県】「チャンスセンターイオンモール高崎」1等当せん実績:’13年年末7億円
【埼玉県】「深谷アリオチャンスセンター」1等当せん実績:’15年年末10億円
【千葉県】「あびこショッピングプラザチャンスセンター」1等当せん実績:’15年年末10億円
【東京都】「西銀座チャンスセンター」1等当せん実績:’17年年末10億円ほか
【東京都】「有楽町大黒天宝くじ」1等当せん実績:’17年年末10億円2本ほか
【神奈川県】「横浜ダイヤモンドチャンスセンター」1等当せん実績:’12年年末6億円
【新潟県】「新井チャンスセンター」1等当せん実績:’15年年末10億円
【富山県】「太郎丸チャンスセンター」1等当せん実績:’12年年末6億円
【石川県】「金沢イオンチャンスセンター」1等当せん実績:’11年年末3億円
【福井県】「福井ワイプラザチャンスセンター」1等当せん実績:’11年年末3億円2本、’13年年末7億円ほか
【山梨県】「フーズボックスいわした」1等当せん実績:’13年年末7億円
【長野県】「レイクウォーク岡谷チャンスセンター」1等当せん実績:’12年年末1等6億円、’17年年末10億円
【岐阜県】「文殊バローチャンスセンター」1等当せん実績:’11年年末3億円
【静岡県】「三島イトーヨーカドーチャンスセンター」1等当せん実績:’14年年末7億円、’16年年末8.5億円
【静岡県】「イオン浜松志都呂チャンスセンター」1等当せん実績:’18年年末10億円
【愛知県】「名駅前チャンスセンター」1等当せん実績:’11年年末3億円、’16年年末10億円ほか

 

一覧表のなかでも、群を抜く爆当たりをしている売り場を直撃。その大当たりの背景に迫ってみた。

 

1等が10億円になった’15年以降、全国唯一、1回に2本、計20億円を出しているのが、東京都「有楽町大黒天宝くじ」。名物はその名のとおり、古い木彫りの大黒天像だ。

 

「先日も、若い男性がスクラッチ1枚(300円)を買って、大黒天さんに触れてから店頭で削ったら、なんと10万円が大当たりで、『やった、やった』と大騒ぎ。大黒天さまの御利益かなと、店内のスタッフも盛り上がりました」

 

毎年、店頭で、東京「深川七福神」の大黒天で知られる円珠院の住職が、この大黒天像に当せん祈願するのも風物詩。今年は11月22日に行われるという。

 

つぎは’14年15年に年末連続1等を出して、“東北の奇跡”といわれた宮城県「卸商団地チャンスセンター」。

 

「先日、スクラッチで1等300万円を当てたお客さん。その後、ハイブリッドの軽自動車を購入したと、車を見せに来てくれて、売り場では大歓声。いま雰囲気は最高です」(宮川隆史店長)

 

その原動力と噂されるのが、販売員が飼っている猫のミーちゃん。

 

「じつはミーちゃんを飼い始めてから、本人や家族に小当たりが続き、これは招き猫かと売り場に写真を飾ったら、この爆当たり」

 

手芸が得意なほかの販売員が、ミーちゃんの人形を制作。店頭に飾ったところ、ミーちゃんパワーにあやかろうと、くじをすりすりしていく人が多いとか。

 

福井県の’11年から3年連続年末1等を出している「福井ワイプラザチャンスセンター」にも注目。

 

「’11年の年末1等3億円2本のうち1本が、支払い期限が迫っているのに換金されておらず、地元新聞に告知したんです。その直後、売り場にクシャクシャになったくじ20枚を持ったお客さんがやってきて。そのなかに、なんと1等2億円があったんです。年末の寒い日でしたが、心温まる思い出が忘れられません」(浜田成人店長)

 

この売り場は商業施設の壁際にあり、窓口の前に太い鉄筋の柱が立っている。

 

「正直、邪魔な柱だったんですが、それを逆手に取り『開運柱』と命名して、お客さんに触ってもらうようにしたところ、’11年から3年連続1等。いまではほとんどのお客さんが、くじ購入後に触っていきます」(浜田さん)

 

静岡県「三島イトーヨーカドーチャンスセンター」では、’14年、’16年と年末1等が出た。

 

「三島といえば、売り場から徒歩10分の三嶋大社が有名。源頼朝が源氏再興を祈願し、それを成就させて以来、“勝負の神”とあがめられてきました」(石田友宏店長)

 

’14年に大当たりが出る直前、販売員有志で招き猫を持参して、三嶋大社に当せん祈願したとか。

 

「すると、売り場初の年末1等が出て。いまではその招き猫を『アタル君』と名付けて、店頭に置いています」(同・石田さん)

 

最後は、1等にあやかろうと、1番窓口に並ぶ客の長蛇の列がおなじみの東京都「西銀座チャンスセンター」。年末ジャンボがはじまった’79年からの累計では、全国でもっとも多くの1等を出しているのがここである。

 

「以前、1億円を当てたお客さんが『やっぱり大安に買ったのがよかったのかな』とおっしゃっていて。今回、売り場に吉日カレンダーを貼りだすことにしました」(児玉直樹店長)

 

カレンダーには、大安だけでなく、くじに縁起がよいといわれる一粒万倍日、天赦日なども紹介されている。

 

「なかでも12月3日は大安と一粒万倍日が重なる吉日。暦にこだわる方にはお勧めです」

 

販売最終日となる12月21日も大安だ。あなたはどの売り場で10億円を狙いますか!?

関連カテゴリー: