ハロウィンジャンボ購入は“奇跡の当せん”秘話にならえ!
富山県・太郎丸チャンスセンター

現在、発売中のハロウィンジャンボ(1等・前後賞合わせ5億円)。いったいどんな人がどんな買い方で大当たりしているのか、気になる人も多いだろう。

 

そこで本誌では、「宝くじ公式サイト」内で紹介されている、過去3年のハロウィンジャンボの高額当せん者エピソードに着目。その人が当せんくじを購入した売り場を探し当て、奇跡の一部始終を取材したーー。

 

富山県「太郎丸チャンスセンター」では、’18年ハロウィンで1等・前後賞5億円がバラで販売された分から出た。

 

「このうち、30代の男性が1等3億円、60代男性が前賞1億円を当てたのですが、この2人はなんと親子だったんです。しかも親子別々に、偶然同じ日の違う時間に買いにきたというんです。もう奇跡としかいいようがありません」

 

こう話すのは山口茂店長。父親のほうはジャンボ歴50年。息子も10年来ずっとジャンボを買い続けてきたとか。山口店長はこう話す。

 

「当てるにはとにかく買い続けること。こんな奇跡が起きるんだから、バラがおすすめですね」

 

つづいて長崎県「東長崎イオンチャンスセンター」には、’18年ハロウィン抽せん日の翌日、売り場に1等の当せんくじを持った男性がやってきた。

 

「60代の男性でした。購入したのは奥さんだとか」(榎本隆弘店長)

 

この夫婦は、ゲン担ぎに毎回、購入した宝くじを床の間に飾り、五円玉をのせて、抽せん日を待っていたとか。こうしたこだわりが大当たりを引き寄せたのかも。

 

’18年に愛知県「西尾チャンスセンター」で購入し、1億円を当てたのは50代男性。

 

「常連のお客さんで、対応した販売員も、はじめて見る高額当せんくじに手が震えたそうです」(黒岡利行店長)

 

毎回ジャンボは妻と息子と3人で共同購入していて、「欲を出さずに買い続けたことがよかった」と語っている。当せん金は車の買い替えと家の建て替えに使うとか。

 

大当たりの陰に秘められた“教え”。ぜひ、今回のハロウィン購入の参考にしてみてはいかが。

 

「女性自身」2020年10月13日号 掲載

関連カテゴリー: