離れて暮らす高齢親の見守りはIT機器+“人の目”で!
画像を見る

「新型コロナで帰省を自粛した人も多いでしょう。ふだんであればすぐに気が付く異変にも、気が付くのが遅れるため、心配が尽きないという声をよく聞きます」

 

そう語るのは、介護作家・ブロガーの工藤広伸さん。工藤さんは岩手県で一人暮らしの認知症の母(77)を遠距離介護をしながら支えている。通常であれば年に20回ほど介護のため帰省しているが、今年は新型コロナウイルスの影響で帰省の頻度は少ないという。

 

「離れているときこそ役立てたいのが、見守りのために使えるツールです。IT機器などを自宅に設置してスマホと連動させると、現在の様子がわかるほか、部屋やテレビのスイッチを親に代わって入れることもできます。ほかに、エアコンの温度調節も可能。ITと聞くと『難しい』と思う方も多いでしょうが、とても便利なので使いこなせるようになることをおすすめします」(工藤さん・以下同)

 

IT機器の設定には、家にインターネット回線を導入する必要がある。回線にはモバイル回線と光回線があり、モバイルは月額4,000円前後で開通工事が不要、光回線は月額5,000円前後で開通工事が必要になる。回線速度が安定する光回線のほうがおすすめだという。

 

「私は介護を始めて8年になりますが、見守りツールを活用してから介護が本当にラクになりました。機器の購入費用はかかっても、毎月かかるコストは基本的にネット回線だけなので、トータルコストはかなり抑えられます」

 

たとえば、「見守りカメラ」。現在、実家の台所と居間の2カ所に設置してある見守りカメラで1日数回、スマホにダウンロードしたアプリから母の様子を確認しているという。

 

「まず朝イチで居間のカーテンが開いているかどうか、朝起きてごはんを食べているか確認します。デイサービスに出かける前に、着替えて用意しているか。無事に帰宅したかどうか、随時スマホで確認できるので安心できます」

 

離れて暮らす親を介護するとき、見守りツールと“人の目”での見守りを併用するといっそう安心できる。

 

「母が1日一度は必ず誰かと会うようにしています。たとえば、月曜は訪問看護師さんが来る日、火曜と金曜はデイサービス、水曜はリハビリの日、木曜と土・日曜はヘルパーさんに来てもらう……と決めています。万が一、一人で家にいるときに倒れてしまったら、私が見守りカメラで異変をキャッチして、24時間対応の在宅療養支援診療所に連絡をし、すぐに在宅医に来てもらえるようにお願いしてあります。担当のケアマネジャーと相談したうえで、在宅医療を使うことも検討してみましょう」

 

医師による訪問診療(月4回)、看護師による訪問看護(月8回)を利用すると医療費は月約12万円で、1割負担なら月1万2,000円で収まる。このほかにも、見守りを兼ねた宅配弁当や乳酸菌飲料「ヤクルト」の宅配もある。助成金を出してくれる自治体もあるので、親が住む自治体のホームページをチェックしてみよう。

 

「女性自身」2020年11月17日号 掲載

関連カテゴリー:
関連タグ: