並木良和が贈る、負のエネルギーを手放す「魔法の言葉」
画像を見る

コロナ禍の影響により、世の中を絶望が覆い、閉塞感が漂う昨今。どん底にあえいでいる読者も多い中、この「闇の時代」をどう生き抜けばいいのかについて、今最も注目を集めるスピリチュアル・カウンセラーに取材。「光の時代」への一歩を踏み出すためのメソッドをお届けーー。

 

「闇に光が差すとき、これまで隠されてきた影が浮き彫りになります。コロナ禍による混乱と相まってネガティブな感情が増幅し、絶望感から生きることをリタイヤしてしまう……。芸能界に限らず、今、自死を選ぶ人が増えているのは、そのためです」

 

そう語るのはスピリチュアル・カウンセラーの並木良和さん。並木さんは幼いころから霊能力を自覚し、高校生のとき霊能者に師事。独立後は、その霊的な感性を生かしたカウンセリングで1万人以上の人生を導いてきた。現在、講演会やラジオ出演などで活躍するかたわら、続々と書籍を出版し、注目を集めている。

 

並木さんが常に訴えるのは、今、私たちは「闇の時代」から「光の時代」への大きな転換期に生きているということだ。

 

「お金や物に重きを置く闇の時代とは対照的に、光の時代では精神的な豊かさにスポットライトが当たります。それぞれが幸せと感じることを満喫し、軽やかに生きていける時代になるでしょう。ところが光が差し始めると、暗闇では見えなかったネガティブなものが姿を現します。今まで目を背けていた不安、恐怖、劣等感、人を憎む気持ち……こうした負の感情と対峙せざるを得なくなるのです。それに飲み込まれ闇の時代に残るのか、手放して心豊かに光の時代を生きるのか。その選択が今、私たち一人ひとりに突きつけられています」

 

光の時代へ向かうための道しるべとなる、“手放し”の作法を並木さんに聞いた。

 

「もっとも危険なのは、苦難の渦中にあるとき、その状況が永遠に続くと思い込むこと。どんなことにも必ず終わりは訪れる。負のエネルギーに飲み込まれないためには、その意識を強く持ちましょう」

 

負のエネルギーは、他人との関係の中で生まれやすい。たとえば、相手に見返りを求める行動はネガティブな感情を呼びがちで「世話を焼いたのにお礼がないのは失礼」といったいら立ちはその典型だ。

 

「与えたぶんを相手から受け取りたいという期待はエゴから出たもの。その声に従い続けるとエゴはより肥大化し、やがて見返りなしに生きられなくなります。謝罪がなければ許さないという頑迷さも同じこと。エゴの声を聞くのをやめ、負の感情を手放しましょう」

 

【負のエネルギーを“手放す”ための魔法の言葉】

 

■“永遠に続く”ものはない!

諸行無常という言葉があるようにこの世に不変のものはなく、どんなにつらいことにも必ず終わりが訪れる。そうわかっていれば負のエネルギーに巻きこまれることはない。

 

■“見返り”は求めない!

宇宙には「与えたものを受け取る」という絶対的な法則がある。見返りを求める歪んだ行動には歪んだ反応が、相手を思う純粋な行動には、あなたを思う純粋な反応が返ってくる。

 

■“見捨てる勇気”を持とう!

誰かを心配する気持ちで心がいっぱいになると、逆に負の体験を呼び寄せる。心配や不信から相手をコントロールしようとするのをやめ、“見捨てる勇気”を持って信頼で見守れば解決する。

 

■“正義のものさし”を捨てよう!

正義とは物事を正しいか、間違いかという基準ではかるもの。これをものさしとしてジャッジし続けると逆に自分を苦しめる。手放せば心は平和と調和で満たされ、人を許すことができる。

 

■“楽しいことを優先”しよう!

魂が「楽しい」と感じることを優先し、「違う」と感じるものを手放すと、すべてはうまくいく。トラブル続きのときは「違う」ものを選び続けているのかも。立ち止まって見直しを。

 

■“頑張らない”は幸せへの近道!

「苦しいことを乗り越えた先に幸せがある」とは闇の時代の法則。「本質」に従って生きれば幸せになるための努力は必要ない。大変なときは、躊躇せず誰かの助けを借りて楽になろう。

 

■“自分ファースト”で生きよう!

自分軸で行動すれば、迷いが消える。情報の取捨選択も他人の判断や“ものさし”を当てにするのではなく、自分にとってしっくりくるものか、腑に落ちるものか、ということに焦点を。

 

「皆が他人にばかり意識を向けるから、物事がより複雑になり、混乱をきたすのです。誰かを幸せにするには、まず自分が幸せになること。自分に持てるものが多ければ他に多くを与えられ、自分に余裕があれば他を大事にできる。自分ファーストで生きれば、人生は驚くほどシンプルになるんです」(並木さん)

 

「女性自身」2020年12月15日号 掲載

関連カテゴリー: