土砂災害・水害から命を守る「ハザードマップ」の使い方
画像を見る

「ニュースやワイドショーで、『ハザードマップの確認を』と繰り返し言っていますが、その名前は知っていても、使い方を詳しく知っているという方は、あまり見たことがありません」   気象予報士・防災士の田頭孝志さんはこう話す。災害のリスクがある地域が示された「ハザードマップ」には、「洪水」や「土砂災害」、「高潮」や「津波」など、さまざまな種類がある。 ...

出典元:

「女性自身」2021年7月27日・8月3日合併号,

【関連画像】

関連カテゴリー: