コロナ給付金不正受給で税理士らを逮捕 全国初の現職 詐欺容疑で沖縄県警
画像を見る

新型コロナウイルス感染拡大で収入が減少した個人事業者向けの持続化給付金100万円を、中小企業庁からだまし取るよう指南したとして、県警特別捜査本部は7日、那覇市仲井真の男性税理士(51)、経営コンサルタントの男(54)、その妻(53)の3容疑者を詐欺容疑で逮捕した。特捜本部は「捜査に支障が出る」として、3容疑者の認否を明らかにしていない。男性税理士は逮捕前、琉球新報の取材...

関連カテゴリー: