【ねこ】獣医の人生を変えた“みなしご”ねことの出会い

投稿日: 2016年10月17日 06:00 JST

image

本誌「ねこ相談」でおなじみ、東京都江東区にある「東京猫医療センター」院長の服部幸先生。今週は、服部先生が初めて飼い、15年ほど一緒に暮らしたねこ「うにゃちゃん」(メス)についてご紹介。

 

子供のころから動物が好きだったものの、特別に「ねこ好き」というわけではなかったようで、むかし飼っていたのはカメやイグアナ。ところが、大学に通っていたころ、近所のコンビニエンスストアで母ねこが出産し、子ねこを1匹ずつくわえて、引っ越しする姿を目撃。見守っていると、1匹だけちょこんと取り残されてしまった。

 

「母ねこに捨てられてしまったのか、何かアクシデントがあったのか、理由はわかりません。生後2週間くらいで目は開いていましたが、まだ乳飲み子。このまま置いておいても1匹では生きていけないですから、自分が保護して、飼うしかありませんでした」

 

幸い、獣医学部に通う学生が多く住む地域だったため、先生の家もペット可の物件だった。

 

「壁はボロボロになりましたけど、ねことの生活はそういうもの。大変だと思ったことはなかったです、うにゃは、すごく気分がいいときだけ膝に乗ってきて、僕が触ろうとすると逃げちゃう(笑)。いい距離感で暮らしていました。でも、僕がお風呂に入っている間、ずっと浴槽の縁にいたことも」

 

学生時代から服部先生と暮らしてきたうにゃちゃんは、15歳でがんを患い’15年に他界してしまう。

 

「そういう年齢なんだと病気を受け入れて、最期は病院で。診察が終わるのを待っていてくれたようで、看取ることができました。いまもわが家にはねこがいますが、これからどんな別れがあっても、僕はずっとねこのいる暮らしをすると思います」

【関連記事】

【ねこ】余命3年宣告から気づけば10年…スピねこのすごさ

【ねこ】茶トラはわが道タイプ…性格は色柄で決まる!?
【ねこ】災害に備えてハーネスに慣れておく必要はある?

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

3分で種明かし!手の灰が移動する仰天ハロウィンマジック2017.10.31

「ハロウィンでどんな仮装をしてまわりのみんなを驚かせようか」と考えているあなた!マジックを使って、さらに驚かせてみてはいかが?当日までに仰天のハロウィンマジックを覚えて、ワンランク上の夜を楽しもう! ...


ランキング