医療保険は5倍に…高齢者&専業主婦を襲う「負担増リスト」

投稿日: 2016年12月15日 12:00 JST

image

 

「'16年もあと半月余り。今年はマイナンバーの運用や、電力の小売り自由化などが始まりました。10月には年収106万円以上のパート労働者は、勤め先の従業員数が501人以上などの条件を満たすと、社会保険の加入が義務化されました。保険料負担が増えた方もいるでしょう。また、秋ごろからの野菜の高騰もあり、家計費を表す『消費支出』は1年2カ月連続で前年同月比マイナスと、冷え込みが続いた年でした('16年10月・総務省)」

 

こう語るのは、経済ジャーナリストの荻原博子さん。景気の冷え込みが続いた’16年。萩原さんは、’17年を「好景気を期待したいのですが、残念ながら、新たな負担がのしかかる一年になりそうです」と話す。’17年から始まる、おもな新しい負担増(月額)は次の通りだ。

 

(1)総報酬割の導入で、大企業に勤める会社員の介護保険料アップ

 

年収456万円の人の場合、5,125円から5,852円。年収841円の人で高額所得者の多い健康保険組合の場合は、5,125円から10,793円に。

 

(2)75歳以上の後期高齢者医療保険の保険料アップ

 

75歳まで会社員の妻などで保険料負担ゼロだった人は、保険料が月額5倍に。年金収入が年211万円の人は、4,090円から6,290円の負担増に。

 

(3)70歳以上の高額療養費制度の負担上限の引き上げ

 

年収370万円未満の人(住民税課税世帯)の場合、外来上限が1万2,000円から2万4,600円。入院上限が4万4,400円から5万7,600円に。

 

(4)高額介護サービス費の負担上限の引き上げ

 

年収383万円未満の人(住民税課税世帯)の場合、3万7,200円から4万4,400円に。

 

そんな、高齢者と専業主婦にとって新たな負担増となる'17年。だが、萩原さんは'18年以降も負担は増え続けると言う。

 

「特に高齢者は'18年度と'20年度の2段階で、年金カット法案が実施される予定です。'17年の負担増、(2)の毎月払う保険料と、(3)の病院代、(4)の介護サービス料も増えるトリプルパンチに、受取額が減る年金カットで追い打ちをかけ、高齢者受難の時代になりそうです」

 

また、萩原さんは「'20年の東京オリンピック・パラリンピック後には大不況が来る」と予想。それまで健康でしっかり働き、貯蓄に励もう!

【関連記事】

老後の病気が心配…民間の医療保険は入るべきか否か

マイナス金利時代「ゴージャス医療保険」「公的年金」の過信に注意
「がん保険よりもがん特約を…」40代で入りたい医療保険

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング