image

皆さん、こんにちは!はちみつ姉妹です。週末は「自立を目指す女性のためのリアルコミュニティSelf-ISH “Selfish for someone”」のトークショーにお友達が登壇するため、お邪魔してきました。4名のゲストトークセッションはとても興味深く、お一人お一人のこれまで生きてきた経験に裏づけされた話には熱心に耳を傾けさせられました。

そこで、今日はゲストの皆様が語られていた「女性の自立」についてお話ししてみようと思います。

トークセッションは「月いくら稼いでいますか?」という、とてもストレートな質問から始まりました。経済的自立は人が自立をする上で必要不可欠かという内容です。そして女性が起業して成功する上で必要なものとして「しなやかさ、謙虚さ、素直さ」が挙げられ、内面にフォーカスした要素が備わっていることが好ましいという内容でした。

そのいっぽうで、「内面はもちろん大事ですが、それ以上に外面を磨くことがとても大事」というお話もありました。ゲストが4年間海外で生活し働いた経験にもとづいた話で、「欧米では外面を磨くことはとても重要視され、極論を言えば見た目でその人の話を聞くか聞かないかの判断を一瞬でされてしまう」とのことでした。

その内容に、私の心は特に大きく動かされました。というのも私は、はちみつ美容研究家として「はちみつを通して外面を整えることで内面が整う」というコンセプトで活動してきらからです。これまで私たち姉妹がそうであったように、お客様からも「外面と内面の関わりはとても密接だ」との反応をいただいていました。しかし今回のお話しをお聞きして、改めてそうした外面を磨くことの重要性を再認識したのです。

私自身40歳を過ぎ、30代のころよりも真剣に「自立」の意味を考えるようになりました。金銭的に安定し、一人暮らしをし、自分でご飯を作り、家事もすべて一人で行う。そんな独立した生活を営むことも「自立」する上で大切なことでしょう。しかしもう少し掘り下げて考えてみると、「自立」とはすべてを自分で行うだけではなく、他人からアドバイスや支援を求められることでこそ、磨かれていくものではないでしょうか。そんなことを、今回のトークショーで感じました。

私たちは、はちみつ美容を通してお客様に素肌を整えることの大切さやスキンケアの方法などをお伝えさせていただいてきましたし、これからもより多くのお客様のお役に立てるような、必要とされるようはちみつ美容を提供し続けていきたいと思っています。また、昨年設立した日本はちみつ美容協会の会員のネットワークを広げ、さらに一層皆さまのお役に立てるよう活動をしていきたいと思っております。そしてそうした活動を通じて、私たちも「自立した女性」になれるよう、これからも努力し続けたいと思っています。

関連タグ: