image

皆さん、こんにちは!はちみつ姉妹です。今年も一般社団法人日本はちみつマイスター協会が主催する【はちみつフェスタ2016】へ行ってまいりました。

 

今年で4回目の開催となる【はちみつフェスタ】は、8月3日の“はちみつの日”に向けて行われる“はちみつ尽くしのイベント”です。日本各地で採られている珍しいはちみつと日本で買える世界中のはちみつが一堂に集結しており、はちみつを200%楽しめる活用講座やミツバチ見学会などの体験型イベントも。奥深いはちみつの世界に触れることが出来る素晴らしいイベントでした。

 

みなさんは、はちみつにワインの数ほど種類があることをご存知でしょうか?どのお花から採れたはちみつかによって味も、香りも、成分も全て変わってくるんです。大きく分けると、以下の2つに分けることができます。

 

1つめは、【百花蜜】。百花蜜は、色々な花からみつばちが集めてきた蜜からできた「はちみつ」です。ストレートに「百花蜜」と表記されることが多いのですが、最近では「エチオピア森のはちみつ」「春の花ハニー」など地域の名前や季節の名前などがついていることも多々あります。

 

そして2つめは、【単花蜜】。単花蜜は、1種類の花からみつばちが集めてきた蜜からできた「はちみつ」です。皆さんもご存知の「マヌカハニー」「アカシアハニー」「クローバーハニー」など植物の名前がついています。

 

さらに、単花蜜は蜜源となる植物によって以下のように種類が分かれます。

 

1. 草花
野に咲く、草や花のようにふわっと香り食べやすい。インパクトが強くない分、紅茶やハーブティーなどにも相性がいい。たんぽぽ、ひまわり、れんげなど。

 

2. ハーブ
ハーブが持つアロマ効果が感じられるのが特徴。ハーブはちみつの香りを嗅いでも癒し効果が得られます。ラベンダー、ローズマリー、ユーカリなど。

 

3. 樹木
樹の香りがほんのり香る。渋みを感じるものもあるけれど、比較的キレがよくあっさりとした味わい。アカシア、リンデン、レザーウッドなど。

 

4. フルーツ
さわやかな甘さで、植物によって酸味の強弱があり個性的な味わいを楽しむのにオススメです。みかん、マンゴー、レモンなど。

 

5. ナッツ
コクがあり、油分を含むどっしりとした味わいが特徴です。個性的なので好みは分かれますが、チーズやワインとの相性抜群です。アーモンド、栗、コーヒーなど。

 

【単花蜜】の種類だけでもこんな風に分けることができるはちみつっておもしろいですよね。まるで、ワインやコーヒーの世界と似ています。是非お気に入りのはちみつを探してみて下さい。今までとは、全く異なる「はちみつ」に出会えると思います。それではHappy Honey Lifeを……。

関連タグ: