(C)ENBUゼミナール

話題のスポットに本誌記者が“おでかけ”し、その魅力を紹介するこの企画。今回は、「新人の監督、無名の俳優陣なのにめちゃめちゃ面白い!」と連日メディアで取り上げられ、都内2館での上映から全国約100館に拡大公開されることになった映画『カメラを止めるな!』(大ヒット公開中!)を見てきました。

 

7月半ば、指原莉乃がTwitterで「本当に元気でるから観に行って」とつぶやいたことで人気に火がつき、斎藤工も「面白すぎる。映画関係者も見るべき」と提言するようなブログを書いていた本作。平日昼間なのに上映1時間前から満席、立ち見での観賞に。

 

物語の中心は、廃虚でゾンビ映画を撮影する自主製作映画のスタッフたち。厳しい監督が何テークも重ねるうちに、本物のゾンビが現れ、スタッフたちは襲われてしまい……。

 

監督の気性がやけに激しかったり、演技の流れが不自然だったり、「!?」の連続で前半は終わってしまいます。ですが、後半はお見事。「そういうことだったんだ」と答え合わせのように「!?」の部分が明かされ、納得とともに爆笑の連続! そしてホロリともさせられる。

 

「最後まで席を立つな。この映画は二度はじまる。」というテーマどおりの作品なのです。確かに誰かに薦めたくなるし、見る人を選ばない映画。親子でも、カップルでも親友とでもぜひご覧ください。2度目は、座ってゆっくり見たいかな(笑)。