「いまだに就職した際に作らされた銀行系のクレジットカードをそのまま使っている人を見ると、『もったいない、すぐ切り替えなさい』と言いたくなります」

 

こう話すのは、30年間にわたってクレジットカード(以下クレカ)に関する情報発信を続けてきた消費生活評論家の岩田昭男さん。たしかに何年も前になんとなく作ったクレカを保持している人は多いが、そんなにもったいないことなのだろうか。

 

「次の4枚は私が厳選したクレカです。年会費、ポイント還元率、特典等を現在の自分のクレカと比べてみてください。おそらくかなりの差があるはずです」(岩田さん・以下同)

 

【楽天カード】

年会費:無料
ポイント還元率:1%(楽天スーパーポイント)
注目すべきメリット:街での利用でも100円の買い物で1円相当のポイントが貯まる。楽天市場での利用はポイント+2倍、スマホアプリの併用などで+1倍。さらに毎月5と0のつく日はポイント+2倍キャンペーンなど、6%以上の還元が可能に。

 

【JREカード】

年会費:477円(税抜き・初年度は無料)
ポイント還元率:0.5%(JRE POINT)
注目すべきメリット:今年7月に誕生したばかりのカード。アトレなどJR東日本の駅ビルや駅ナカ、ネットショッピングJRE MALLでの買い物で3.5%、切符や定期券購入、Suicaへのチャージで1.5%というポイント高還元率が魅力。

 

【イオンカードセレクト】

年会費:無料
ポイント還元率:0.5%(ときめきポイント)
注目すべきメリット:キャッシュカード、クレジットカード、電子マネーWAONの機能・特典が一体化。イオングループの対象店では常にポイントが2倍の1%還元。そのほか毎月20日と30日は5%オフ、特定日にポイントが2倍など特典多数。

 

【dカードゴールド】

年会費:1万円(税抜き)
ポイント還元率:1%(dポイント)
注目すべきメリット:入会時に最大1万1,000円のキャッシュバックがあるため、初年度会費は実質無料。またドコモの携帯とドコモ光の利用料金はポイント還元率10%。ローソンやマツモトキヨシならさらにポイントアップの店舗もたくさん。

 

現在、クレカの発行元は銀行系、信販系、流通系、通信系、交通系と多岐にわたる。

 

「発行元が違っても、ほとんどが国際ブランドのVISA、マスターカード、JCBの3社のいずれかと契約しているので差はありません。選ぶ基準は、どれだけポイント還元でトクできるか、です。一時、かなり高還元率のクレカも乱立しましたが、結局息切れして次々とサービス停止になってしまいました。業界がいったん落ち着きを見せているいま、自分のクレカを見直すにはちょうどいい時期とも言えます」

 

そこで今回、クレカのスペシャリストである岩田さんに、なかでもおすすめのクレカを教えてもらった。

 

「まず使うクレカをメインとサブの2枚に絞り込むこと。基本的にポイントは各社で互換性がないため、バラバラに貯めては使い勝手が落ちます。2枚に限定してポイントを集中させること。そうすれば年間10万ポイント(=10万円相当)のバックも夢ではありません」

 

どの“2枚持ち”に絞るにせよ、まずは楽天カードをメインに据えることを岩田さんは推奨する。

 

「楽天カードはネットショッピングで日常的に使え、年会費が無料、ポイント還元率も1%と高い。多くの人にとってメリットが大きいクレカです」

 

’18年1月の年間取扱高(そのカードを使って取引されたショッピング売上高)で、楽天カードは単体カードとして初めて大手メガバンクカードを抜いてトップに立ち話題になった。そのおトクさに気づいた人がこの1枚をメインにしている証拠だという。

 

「楽天市場のキャンペーンのタイミングで家電など10万円の買い物をすれば、最大6,000円相当のポイントが還元されます。水道光熱費もこのカードで支払えば1%のポイント還元です。これは大きい」

 

岩田さんは“クレカのポイントは家計の一部”と強調する。

 

「ポイントを貯めてご褒美のように使う、という人もいますが、それよりもポイントを家計の一部と考えて、出し惜しみなく使いましょう。ポイントの期限切れなどはもってのほかです! いまやクレカは自分のステータスを示すものではなく、あくまでトクするためのもの。常に自分にとってもっともおトクな1枚を探して切り替えるフットワークの軽さが求められています」