雅子さま お出ましが急遽中止も…コロナ禍のご活動に続く苦悩
(C)JMPA 画像を見る

《これまで医療活動に献身的に力を尽くしてこられている方々、そして、その方々を支えられているご家族や周囲の方々に、陛下とご一緒に心からのお礼の気持ちをお伝えしたいと思います》

 

雅子さまは5月20日、日本赤十字社の社長と副社長を招いてのご進講の冒頭、そう述べられた。

 

この雅子さまのご発言は、ご進講翌日に宮内庁のホームページで天皇陛下のお言葉とともに公表された。

 

「誕生日のご感想以外に、皇后のお言葉が単独で公表されるのは異例のことです」(宮内庁関係者)

 

天皇陛下も次のように、日本赤十字社の職員に感謝の言葉を述べられている。

 

《新型コロナウイルス感染症の発生以来、日本赤十字社の職員を始め多くの医療従事者の皆さんが,自らの感染の危険も顧みず、大勢の患者さんの命を救うため、また、感染の拡大を防ぐため、日夜、大変な尽力をされてきていることに深い敬意と感謝の気持ちを表します》

 

次ページ >1年ぶりのお出ましキャンセルにあった雅子さまのお悩み

関連カテゴリー: