美智子さま「お声に元気が…」ご友人語る外出3カ月なしの今
(C)JMPA 画像を見る

「令和という新時代を迎えた日本。第126代の天皇として陛下が即位されました」

 

天皇皇后両陛下が“主役”となった初めてのDVD『天皇皇后両陛下-令和を迎えて-』は、流麗なナレーションで幕を開ける。

 

宮内庁の企画によるこのDVDは6月23日に発売。同じ映像は政府インターネットテレビでも配信されており、全世界で視聴できる。

 

宮内庁総務課報道室に編集意図について質問すると、

 

「国民の幸せを祈っておられる天皇皇后両陛下のご姿勢やお人柄を感じていただけるのではないかと考え製作しました」

 

映像を見た皇室ジャーナリストは、気になることがあったという。

 

「上皇陛下と美智子さまのお姿がほとんど映っていなかったのです。天皇皇后両陛下が”主役”とはいえ、逆に少し不自然というか……」

 

美智子さまは3月31日に東京・高輪の仙洞仮御所にお引っ越しされて以来、約3カ月にわたりいっさい外出されていない。一方で上皇陛下は、緊急事態宣言解除後の5月28日、引っ越し後初めて皇居内にある「生物学研究所」を訪問された。その後も週に1度のペースで同研究所を訪れ、ライフワークのハゼの研究を続けられている。

 

仙洞仮御所に“おこもり”になって3カ月の美智子さまは、現在どのような生活をされているのだろうか。宮内庁関係者が明かす。

 

「上皇侍従次長が、引っ越し前後から美智子さまに微熱のご症状が続いていることを公表したのは、5月14日の記者会見でした。それから1カ月半たった現在も、美智子さまの微熱のご症状は続いているようです。ただ、微熱の頻度は徐々に低下傾向にあるそうです。伏せていらっしゃるわけではなく、上皇陛下とお二人で毎朝欠かさず、ときには夕方も仮御所内の敷地を散策されているそうです」

 

次ページ >ご友人語る美智子さまの近況「電話では弱々しいお声で…」

関連カテゴリー:
関連タグ: