行方不明者を3回見つけた犬も…高齢者“徘徊”救う警察犬
ムック号と、コンビを組む門脇警部補。 画像を見る

時間がたつほど死亡率が高くなる、認知症による“徘徊”。そんな緊急事態に出動し、これまでに高齢行方不明者を3度も早期発見した警察犬がいると聞き、現地に向かったーー。   「県内で1日に平均4〜5件、多いときには10件ほど、警察犬の出動要請があります。昨年、実際に出動した回数は721回で、年々増えている状況となっており、その大半は高齢行方不明者の捜索で...

関連カテゴリー: