「あゆは、“震災で心身ともに距離を埋められなかったことが破局の原因だ”といっています。しかし、2人が結婚式を挙げた教会は、挙式するとすぐに別れてしまうケースが多いことで有名な教会でもあったんです」(音楽関係者)

1月17日、結婚からわずか381日でオーストリア人俳優のマニュエル・シュワルツ(31)との電撃離婚を発表した浜崎あゆみ(33)。2人が結婚式のスタイルに選んだのは、婚姻手続きが簡単なことで知られているネバダ州・ラスベガスのなかでもお手軽な“ドライブスルー・ウエディング”だった。

「彼女はウエディングドレスを着ることもなく、ロックTシャツにレザーのミニスカート姿。彼のほうもロックTシャツにレザーのパンツという、かなりラフな服装だったそうです」(在米ジャーナリスト)

式場は、ラスベガスにある“白くて可愛い教会”として人気の教会。過去にはフランク・シナトラ、エルビス・プレスリー、ポール・ニューマン、ブルース・ウィリスなどの著名人も愛を誓った場所だという。

だが、そこは『この教会で挙式した人たちは、すぐに別れてしまう』といった噂が囁かれている“いわくつき”の教会だったのだ。前出の音楽関係者はこう話す。

「この教会で挙式した歌手のブリトニー・スピアーズ(30)は、たった55時間で結婚を取り消してしまった。また、大ヒット曲『愛の哀しみ』で知られる歌手のシネイド・オコナー(45)も16日後に突然、破局を発表。その直後に復縁しましたが、いまだにゴタゴタが続いているそうです。まるで呪われているようです……」

もちろん、本当に教会に原因があるわけではない。あまりに性急に結婚してしまうことが、破局が相次ぐ原因につながっているようだ。

【関連記事】
浜崎あゆみ 離婚を発表
浜崎あゆみ 20分で驚くべき買い物金額
あゆシネマは〝タオル必携〟!

関連タグ: