2月14日、都内で株式会社SANKYOのパチンコ機『フィーバー 機動戦士ガンダム』のプレス発表会が行われ、タレントの土田晃之(40)、声優でアムロ・レイ役の古谷徹(59)、シャア・アズナブル役の池田秀一(63)が登場した。

古谷は、「僕たちのライフワークとも言える作品がパチンコで出るということで本当にワクワクドキドキしている」と挨拶。池田も「興奮しています。こういう形で再び甦るということで、シャアも喜んでいました」と笑顔で話した。

続けて池田が「私はふだんパチンコが大好きで、SANKYOさんにも相当ご奉仕しているんです。なので、この機種で取り返しに行きます」と話すと、土田が「まさかシャアがパチンコ好きとは……」とつっこみ、笑いを誘っていた。

大のガンダム好きとして知られる土田は、同作品の魅力について「キャラクターの個性がすごい。見る年代によって共感するキャラクターが変わってくるんです。子どものころはアムロとかシャアが好きだったけど、いまはランバ・ラルに憧れている。でも俺はまだまだドレンくらいだな」と熱弁した。

同機種では、ガンダムの名シーンを3DCGにて再現している。実際に映像を見た土田は、「すごいですね!かっこいい!ぜひBlu-rayにしてください」と興奮しっぱなしだった。

また、この日はバレンタインデーということで、それぞれチョコを貰いたいガンダムキャラを聞かれると、古谷は「やっぱりマチルダさんですね」、池田は「じゃあララァ」、そして土田は「セーラですね。永遠のアイドルなので」と話し、会場を盛り上げた。

(撮影/高田崇平)

関連タグ: