10月26日、来年のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』に吉田松陰役で出演する俳優の伊勢谷友介(38)が、松蔭の命日(27日)にあわせ、東京都内の松陰神社の墓前を訪問した。

 2010年の『龍馬伝』(高杉晋作役)以来の大河ドラマ出演となる伊勢谷は、「ここは高杉役の時にも来たので、遠からぬ存在に感じている場所」とコメント。墓参りを終えると、「うまく撮影ができ、松陰先生の遺志が今のこの時代にも生きるように心して演じていきたいと思っています」と意気込みを述べた。

 またこの日、共に訪れた土屋勝裕プロデューサーは「今月14日から、海外密航に失敗し、松陰が投獄されることとなる野山獄のシーンのスタジオ収録が行われています」と撮影が順調であることを明かした。

 『花燃ゆ』は、2015年1月4日より放送開始。

(撮影/河崎文雄)