image

 

「役所広司さんは『女優じゃないのに、こんなに演技上手な人がいたとは……』と驚いていました。専務役の志賀廉太郎さんも『もっと早く演技の勉強をしていたら、大竹しのぶさんぐらいの大物になっていたかも』と絶賛しています」(TBS関係者)

 

現在大ヒット中のドラマ『陸王』(TBS系)。主演・役所広司(61)の存在感もさることながら、阿川佐和子(64)の好演ぶりにも注目が集まっている。

 

役所が演じるのは、老舗足袋店「こはぜ屋」4代目社長・宮沢紘一。阿川が演じているのは、社長を支える縫製課リーダー・正岡あけみ。主役と並ぶ物語のキーパーソンだが、阿川はなんと今回が連ドラ初めてのレギュラー出演!本来は作家でエッセイストの彼女が、いったいなぜこれほど見事な演技を見せられるのだろうか。そこには“秘訣”があるという。

 

「彼女はやっぱり“聞く力”が凄いんです。現場ではいつもスタッフや共演者と話に花を咲かせています。内容は演技論から雑談までさまざま。でも会話の間にうまく質問を織り交ぜることで、どうすればいいのかを聞き出しています」(ドラマ関係者)

 

週刊文春の対談連載『阿川佐和子のこの人に会いたい』では、1千人以上から本音を聞き出してきた阿川。12年発売の著書『聞く力 心をひらく35のヒント』(文藝春秋刊)は累計150万部の以上のベストセラーとなっている。“対談のプロ”だけに、現場での会話からもヒントを得ているようだ。そしてもうひとつ、阿川の演技力を支えているものがある。

 

「実は彼女、観察力も優れているんです。モノマネが大得意でよく披露してくれるのですが、とにかく的を射ていて本人そっくり!つまり、それだけ普段から他人のことをよく見ているのでしょう」(前出・ドラマ関係者)

 

そんな2つの力が、たぐいまれなる“女優力”を生み出しているのだ。11月1日には、撮影現場で64歳の誕生日を迎えた阿川。ドラマの公式ツイッターでは共演者に囲まれた写真とともに、温かい祝福のメッセージも寄せられていた。

 

「現場は主演の役所さんではなく、彼女を中心に盛り上がっていますね。阿川さんはNGもほとんどないので、スタッフ受けも最高。ドラマはすでに最終回の拡大スペシャルが決まっていますが、彼女を中心としたスピンオフ企画の話も浮上しています」(ドラマ関係者)

 

役同様、現場でもムードメーカーとなっているようだ。

関連タグ: