5月29日に投票が始まった「第10回AKB48世界選抜総選挙」(6月16日、ナゴヤドームで開票)の速報結果が30日に発表された。

 

1位は昨年の速報に続き新潟が拠点のNGT48の荻野由佳(19)が“2連覇”。2位は開催地の愛知・ナゴヤドームが地元でのSKE48・松井珠理奈(21)、3位にはHKT48の宮脇咲良(20)が入った。

 

「荻野さんは昨年自ら速報史上最多記録を樹立。5万5,061票を4,000票以上も上回る、ぶっちぎりの1位となりました。しかし若いメンバーのファンは“先行型”で、速報で票を投じる傾向。いっぽうベテランメンバーのファンは、最終結果に向けての“追い込み型”での投票が目立つといいます。若手メンバーは速報の順位が良かったからといって浮かれているわけにはいかないようです」(芸能記者)

 

そんななか速報で1位から120位まで発表されたメンバーのうち圏外だったのが、AKB48で唯一の1期生となった峯岸みなみ(25)。だが昨年以上の“ごぼう抜き”を見せるかが期待されているというのだ。

 

「昨年は圏外から最終的に19位までランクインしました。仮に速報で101位だとすると82人抜き。今年は120位に入っていなかったので、仮に121位だったとして昨年と同じ19位ならば102人抜きというすさまじい追い込みということに。ファンの頑張り次第で実現できる可能性があるので、ほかのメンバーからしたら脅威のはずです」(前出・芸能記者)

 

自身のSNSを中心に、選挙戦に力を注ぐ峯岸。大いに総選挙を盛り上げてくれそうだ。

関連タグ: