渡部建の会見で考える人々が“謝罪ショー”に望む3つのこと
16年12月、佐々木と同棲を開始した頃の渡部。 画像を見る

先日、アンジャッシュの渡部建さん(48)が謝罪会見を開き、多くの話題を呼んでいます。

 

最初のスクープが出てから約6カ月後の謝罪会見。年末に放送される「絶対に笑ってはいけない」シリーズで禊出演との噂が広まり、批判が集まった結果として急きょ行われることになったといわれています。

 

1時間ほどの会見は主に女性記者達の手厳しい言葉に顔をしかめながらの対応となり、完全に“見世物”要素が強かった今回。過剰な批判、炎上、そして謝罪の姿勢には疑問を呈したくなるものの、日本人特有の倫理を重視する空気感が反映された結果といえそうです。

 

次ページ >謝罪会見で求められる“ショーとしての完成度”とは

関連カテゴリー: