こんにちは。

気がつけば師走で驚く委員長です。

師匠も走れば委員長も走る。

というわけで、結構な時間が経っていました……[E:coldsweats01]

こういうところが、30年に渡る己の体の放置を物語るのですね。

鬼に笑われようが、来年はもう少しそのあたりなんとかしたいと思います。

さて、そんなこんなで一ヶ月前の話の続きですが、

箱根小涌園では様々なお風呂が楽しめました。

その中で最も人気だったのが、

ドクターフィッシュ】[E:fish][E:sweat01]。

皆様もテレビやら何やらでご覧いただいたことがあるのではないでしょうか。

魚が放たれた水槽の中に足を入れると、

余分な角質や汚れを魚が食べてくれるというアレです!

こういう飛び道具的なものに弱い委員長は、

何よりも先にこちらを体験することに。

4分限りの未知の世界。

恐る恐る足を入れてみると……

Photo_12 [E:fish][E:fish][E:fish][E:fish][E:fish][E:fish][E:fish][E:fish][E:fish]

ご覧頂けるでしょうか、わたくしの足に群がる小魚たち。

これがですね、超くすぐったい!!!

あと、あまり多くの魚に群がられると

自分の足は汚いのかと、ちょっとした恥辱も味わえます。

さらに委員長はこのとき、靴ずれでかかとの皮がむけていたのですが

それらを食いちぎられて結構痛かったです[E:weep]

(もしかしたらそんな状態で入ってはいけなかった?)

そんなわけで、ちびっこ達が笑顔で楽しむ中

4分間とてもたなかった私ではございますが、

魚のヌラっとした感触にもてあそばれる貴重な体験をしました。

このとき、浴槽のまんなかには写真撮影のおばさまが立っていて、

このように食われる私たちを1人づつ撮影してくれるんですが、

掛け声が「ハイ、チーズ」ではなくて

「ドクターフィッシュ!」だったのがちょっとオモローだったです。

おばちゃんは、ずーっと魚に食われっぱなしだったけど平然としていたなあ……

ちなみにこのドクターフィッシュは、医学的根拠には特に基づいていないそうですのであしからず。

このブログのために、その写真を自腹で購入(¥1000)した私の頑張りも少し慮っていただき、足の太さ的な問題からは目をつぶっていただけますようお願い申し上げます。