メタボなお腹を隠すための水着が出ているそうです。
急に水着を着る事になった時、身に付ける物なら手っ取り早く変えられるのでとても便利ですね。

でも!体と心は繋がってるので、不要な脂肪は日常の積み重なった不要物!
外見を隠して一瞬だけ、美しく見せるよりも、日々のちょっとした努力を重ねて磨いていくほうが自信がもて、隠したりせずに、自然に姿勢もよくなります。

● ジャタラ・パリワルタナ・アサ

【効果】 

下腹部の引き締め
ウエストの引き締め
胃腸の不調を改善

【方法】 

  1. 仰向けに寝る
  2. 両脚を揃えて、両腕は真横に広げて、手の平を下に向ける(十字架みたいな形)
  3. 鼻から息を吐きながら、両脚を90度まで持ち上げる
  4. 2,3回呼吸したら、吐きながら、ゆっくりと両足を左の床に倒す
    出来たら、足指が左手の指先に触れるくらい
  5. 膝を伸ばした状態で30秒ほどキープ
  6. 戻ります
    吐きながら両脚を90度まで戻し、一息吸って、吐きながら床下ろしてリラックス

☆ ポイント

インナーマッスルを使うので、顎をひいて首は真直ぐ、腰も床から浮かないようにして、
下腹部に力を入れて、両脚を引き上げるようにする。

最初から最後まで、膝は曲げないようにする。
ただし、腰が悪い人、インナーマッスルが弱い人は始めは曲げてもOK。
徐々にベストな形に近づけていきましょう。

5.の完成形では出来るだけ深い鼻呼吸を続ける。
吐く息でお腹が薄くなる時に捻りを深めると背中が広がっていくのがわかります。

広がった助骨と助骨の間に新鮮な血液やプラナを流して、骨の間に溜まりやすい、有害物質を流しましょう。

プラナが行き渡るので、全身に活力を与える効果も有り。

関連タグ: