「最近では『健康寿命』が注目を集めているけれど、加齢とともに人の運動量は低下するいっぽう。体幹ばかりを鍛えるのではなく、身体をひねって臓器を動かすことが大切です」

 

デューク更家さんが考案した、縦横のひねりでふだん使わない部分を刺激する「腸ひねり」ウォーキングがお腹と内臓の脂肪がみるみる落ちると、今注目を集めている。

 

「そこで僕が着目したのが、『腸ひねり』! 腸内環境が健康の鍵ということはすでに知られていますが、腸をひねるように身体を動かすことで、加齢やストレスで鈍った腸の動きを活性化。便秘解消はもちろん、さまざまな美容健康効果が得られるんや。さらに、縦横の動きも組み合わせ、なおかつ歩きながら腸をひねることで、ふだん使わない身体の組織もフル活用! 内臓や筋肉が活性化され代謝そのものがアップするほか、お腹や内臓にたまった脂肪もみるみる撃退。最高のダイエット法として、この『腸ひねり』ウォーキングを考案したんです」(デュークさん・以下同)

 

そこで今回、この「腸ひねり」ウォーキングを初公開。正月休み明けのだらけた身体をリセットするのに、もってこいだそう。

 

【脊髄ウォーキング】「神気」と呼ばれる脊髄のツボを刺激

 

1)両手を上げ、肘を曲げた状態で、頭上で手のひらを合わせる。
2)手のひらを合わせたまま手首を返し、指先で首の付け根を軽くたたく。同時に腰からひねり上げるように右脚を高く上げ、左脚を交差するように一歩踏み出す。
3)右脚が着地するタイミングでいったん両手を元の状態(1)に戻してから、今度は左脚を高く上げながら、再び手のひらを合わせたまま手首を返し、指先で首の付け根をたたく。着地するタイミングで両手を1の状態に戻す。2~3を繰り返す。10歩を2セット。

 

「『神気』と呼ばれる脊髄のツボを刺激することで血流が上がり、『背中やせ』に。これは漢方でいう『気血水』が巡る場所なので、血流だけでなく全身のエネルギーをチャージすることができるんや。上体をひねりながら脚をできるだけ高く上げることで、腸を刺激。肩や背中のコリ解消、呼吸器系にも効果あり!」

 

【腸「大ひねり」ウォーキング】大きくひねって脂肪がガンガン燃える

 

1)左右の手のひらを掌底で合わせ、胸の前で上下に向ける(ここでは、右手が上向き、左手が下向き)。
2)上半身を大きく右にひねりながら、掌底を合わせたまま手のひらも返す(左手が上に、右手が下になるように)。同時に右脚は左脚と交差するように高く上げ、一歩踏み出す。
3)着地したら、反対側も同様に(手のひらは逆に、右手が上に、左手が下に)。2~3を繰り返す。10歩を2セット。

 

「手首を起点に手のひらを返しながら腰をひねることで、遠心力がアップ! 全身の筋肉を使うことで脂肪がガンガン燃え、腸もより大きくひねられます。顔は常に、ひねるほうにしっかり向け、太ももをおへそにひきつけるつもりで高く上げることでひねり効果がさらにアップし、骨や筋肉、神経の働きも活発に。全身のアンチエイジングにおすすめ! 腰の悪い人は控えめに」

 

※身体をひねるときは息を吐きながらおこないましょう。また、各ウォーキングの歩数や回数はあくまで目安です。無理のない範囲でおこなってください。