「肉で美肌作り」提唱する皮膚科医が実践する食生活とは

「クリニックを訪れる40代、50代の女性は、ほぼ全員といっていいほどキメが荒れていて、肝斑なのか、くすみなのか、シミなのか……茶色の濃淡に赤みが合わさったような肌色で、ブルドッグのように皮膚が伸びてたるんでしまっている人が大勢。こじらせまくった、という感じです」

 

そう話すのは、あいこ皮フ科クリニック院長の柴亜伊子先生。美容情報があふれている昨今、マッサージや美顔器のしすぎが逆効果、というのも一理あるようだが……。

 

「なにより問題なのは、毎日の食事。肌をつくるタンパク質、特に動物性タンパク質である肉・魚・卵を食べずに、お菓子やパン、パスタの糖質ばかりという人が目立ちます。栄養状態が悪いため、皮膚がスカスカというか、フニャンフニャンというか。まったくもってハリがありません。10年前と比べると一見みなさん若い雰囲気ですが、肌年齢自体は老けている、という印象です」

 

また、40代の肌というのは、20代のころと比べると、単純に倍の年月の紫外線を浴びてきている。

 

「そのぶん、光老化が進んでいることになります。紫外線の害はある程度、体内の鉄分が防いでくれますが、やはりこれも食事から摂取できていない人が非常に多い。そればかりか、20~30年分の月経による鉄分の流出があるため、どんどん紫外線に負けやすくなっています。さらに、鉄分がないとコラーゲンをつくることができないため、ますますシワやたるみがひどくなって――まさに悪循環といえます」

 

では具体的に、どんな食生活をめざせばよいのか。

 

「ズバリ、美肌に必要なタンパク質や鉄分を含んだ『牛肉の赤身!』と言いたいところですが……日ごろ食べ慣れていない人は、体内で消化液がつくれないことも考えられます。いきなりステーキを食べるには、胃もたれなどの不調を招きがちなので、あまりおすすめできません。量も本来、食べられるならいくらでも食べていいのですが、最初は100グラムを超えないように、1回50~80グラムくらいから始めてみるのがいいでしょう。それも難しいときは、ひと口でもふた口でもかまいません。おいしいと思える程度にとどめましょう」

 

動物性と植物性タンパク質はどう違うのか?

 

「植物性タンパク質といえば、豆腐や納豆などの大豆製品が挙げられます。しかし、植物性のものには栄養素の外側にかたい“細胞壁”があり、よくかんでも消化されにくいため、卵、かつお節、いりこだしなど動物性のものを足すのが正解。また、カロリー不足になりがちなので、オリーブオイルやバターを使用した料理と一緒に食べるといいでしょう」

 

美肌のためには魚や野菜も食べたうえで、赤身肉の摂取量を増やすのが肝だそう。そのうえで、糖質は過剰に摂取しないことが大事だという。

 

「糖質そのものが悪いわけではないけれど、食べ方に問題のある人が目立ちます。パスタや丼ものの単品食いはもちろんのこと、『はちみつやてんさい糖を使っていればお菓子もいい』『果物はいくらでも食べてもいい』と思っているなど……。食事全体に対して糖質の占める割合が多すぎると血糖値が急激に上がり、これが肌の“黄ぐすみ”を引き起こします」

 

柴先生がすすめる“タンパク質”生活は次のとおり。

 

■肉と魚をローテーションさせる

 

「牛、豚、鶏肉を日替わりで、基本は塩・こしょうして焼くだけ。同じ物を食べ続けるとアレルギーになりやすいので、肉をたくさん食べたら翌日は魚にするなど変化をこころがけて」(柴先生・以下同)

 

■ボーンブロスが大活躍

 

「時間があるときに、骨付き肉と野菜を煮込んでおきます。スープなら消化が楽だし、骨からもタンパク質やミネラルなどが溶け出て栄養満点。カレーやシチューにも応用しやすいですよ」

 

■レバーペーストを自炊でも外食でも

 

「月に1回は必ずレバーペーストを作ります。市販ならベビーフードが使いやすく、汁ものに加えたり、マッシュポテトに混ぜたり。また、焼き鳥屋さんでは必ずレバ刺しを、ビストロではパテを頼みます」

 

■焼き肉店のメニューも上手に利用する

 

「生食の栄養価が高いので、ユッケがあれば必ず食べるようにしています。カモ肉、ラム肉、鹿肉や馬肉などの“赤い肉”は鉄分が豊富なので、家ではなかなか食べられないぶん、なるべく注文したいですね」

 

「肉食美肌」を提唱する柴先生の肌は、自力で潤い“保湿いらず”というから、試してみない手はありません!

関連カテゴリー:
関連タグ: