image


Kis-My-Ft2の玉森裕太(22)が主演を務めるドラマ『信長のシェフ』(テレビ朝日系・金曜23時15分~、一部地域放送時間が異なる)。


戦国時代にタイムスリップしてしまったフレンチシェフのケン(玉森)が、織田信長の料理番となり、当時では考えられない現代の料理法を使って感動の料理をふるまう異色時代劇で、毎回登場する料理を「食べてみたい!」というファンの声も。


そこで玉森に劇中に登場した料理からおすすめを教えてもらい、そのレシピを入手!(レシピ提供:辻調理師専門学校)


【鮎のフリット 木いちごのソース】

「鮎が大好きなので、いちごのソースと合わせるとどんな味なんだろうと興味が沸いて。劇中で、浅井長政も『少し苦味のある鮎に甘酸っぱいソースが混ざって非常に美味い』と唸ってました」(玉森)


●材料(4人分)

鮎…4尾  小麦粉…適量  塩、揚げ油 ≪木いちごのソース≫フレッシュフランボワーズ(いちご、冷凍フランボワーズでも)…50g  シェリー酒酢(米酢、ワイン酢、りんご酢でも)…10ml  オリーブ油…50ml  塩、こしょう


●作り方
 

 

  • 鮎は洗い、水気をよく拭き取る。

  • ①に小麦粉をつけ、160℃の油で中まで火が通るくらい揚げて取り出す。さらに180℃の油でこんがりと揚げ、取り出して塩をふる。

  • 木いちごのソースを作る。裏ごししたフランボワーズ、シェリー酒酢、塩、こしょうを混ぜ合わせ、オリーブ油を少量ずつ加えながら混ぜる。

  • 器に③を流し、②を盛り付ける。