image

“1億総コンビニおでん化”が進行中かと思いきや、脈々と食べられている「ウチのおでん」。そこで全国の読者へリサーチしてみると、その家庭でのこだわりの具や汁のほかに、新しい調味料を加えるだけで、さらにおいしくなる“ちょい足し味”というものが。そんな、1つのおでんで2度おいしい“ちょい足し”調味料をつくレポといっしょに紹介!

 

【柚子こしょう+オリーブオイル】

「味に飽きてきたら、柚子こしょうを投入。エクストラバージンオリーブオイルを加えるとまろやかです」(愛媛県・河野さと子さん)

つくレポ:おいしい!豆腐のほか、大根やじゃがいもにもぴったり。

 

【つけてみそ かけてみそ】

「名古屋の家庭に常備してあるのがこれ。当然おでんにもつけます!」(愛知県・一番ヶ瀬絵梨子さん)

つくレポ:こんにゃく以外にも合いそう!

 

【おぼろ昆布】

「基本はからしですが、大根にはおぼろ昆布を合わせます。うま味がさらにアップしますよ」(大阪府・福西ひろみさん)

つくレポ:酸味とうま味が加わり深い味わいに。薄めのだしで煮た大根にピッタリ。

 

【粉かつお節+青のり】

「最近は知られましたが、静岡おでんは粉かつお節と青のりをかけます。イワシのすり身を使った黒はんぺんを入れるのも特徴」(静岡県・西尾かおるさん)

つくレポ:磯の香りたっぷりの味がとても新鮮!

 

【バジルペースト】

「冷蔵庫に常備しているバジルペーストをおでんにつけてみたら案外イケました」(神奈川県・室谷志津子さん)

つくレポ:鼻を抜けるバジルの青い香りは、おでんの味にも

好相性!

 

【しょうが醤油】

「姫路おでんは、しょうが醤油で食べます。さっぱりすると評判ですよ」(兵庫県・石原清美さん)

つくレポ:特に練り物としょうが醤油は納得の好相性。さっぱり、軽い刺激がよくて、いくらでも食べられそう。