image

いつものやり方、いつもの味で満足している鶏からあげだけど……じつは、みんなはもっとおいしいものを食べていた!?多めに作って、余ってしまった鶏からあげも、翌日のごはん用にリメイクすればムダにすることなく、おいしく食べられます。そこで、鶏からあげ変身レシピを本誌読者が伝授!さっと作れて、“揚げものの日”気分も続きません。

 

【からあげ鍋】東京都・木村亜希子さん

作り方/1.鍋に好みのスープ(薄めの醤油ベース)500mlを沸騰させ、ざく切りにしたキャベツ1/4個、もやし1袋、豆腐半丁、鷹の爪少々、スライスにんにく1片を加える。2.野菜に火が通ったら、鶏からあげ8〜10個と適当な大きさに切ったにら1束をのせて軽く煮る。

「鶏からあげを使って、もつ鍋風にしてみました。野菜たっぷりでさっと食べられます」(木村さん)

 

【からあげ炊き込みご飯】東京都・小島瞳さん

作り方/1.米2合をといで炊飯器に入れ、2倍濃縮のめんつゆ50mlを加え、目盛りまで水を足す。2.適当な大きさに切ったにんじん1/2本、しいたけ2枚、油揚げ1/3枚、こんにゃく1/3枚、鶏からあげ4個をのせて炊く。好みでパセリのみじん切りを散らす。

「炊き込みご飯に鶏からあげを使うとパンチが出ます」(小島さん)

 

【からあげグラタン】東京都・木村亜希子さん

作り方/1.玉ねぎ1/2個はスライスしてバターで炒める。2.アスパラガス3本とジャガイモ2個は下ゆでして適当な大きさに切る。3.1と2とプチトマト3個をホワイトソースとからめ耐熱皿に入れる。4.3の上に、食べやすい大きさに切った鶏からあげ4〜6個を並べ、ピザ用チーズ適量をふってオーブントースターで加熱する。チーズが溶けたら完成。

「マカロニを使わず野菜が主役のグラタンです」(木村さん)