image

 

冷蔵庫には使いかけの調味料やら、いつか使うかもととっておいた小袋調味料がいっぱいというアナタへ贈る、目からウロコの使い切りレシピ。紹介してくれたのは、料理研究家・ラク家事アドバイザーの島本美由紀さん。年末の前に冷蔵庫の中を一掃したいというアナタ! 大事にとっておいたアレ……今こそ使うときです!

 

【残り調味料・コチュジャン】

 

■油揚げのコチュジャン焼き

 

【材料】(2人分)

油揚げ…1枚

コチュジャン…小さじ1

長ねぎ(粗みじん切り)…適量

 

【作り方】

(1)油揚げにコチュジャンを塗り、トースター(1000W)で表面を焼き色がつくまで5分ほど焼く。

(2)食べやすく切って器に盛り、長ねぎを散らす。

 

■ひき肉とチンゲン菜の韓国風味噌汁

 

【材料】(2人分)

豚ひき肉…70g

にんにく(薄切り)…1/2片分

ごま油…小さじ1

だし汁…400ml

チンゲン菜(ざく切り)…1株分

A・味噌…大さじ2、コチュジャン…小さじ1

 

【作り方】

(1)鍋にごま油とにんにくを入れて中火にかけ、香りがたったら豚ひき肉を入れて炒める。

(2)だし汁を加え沸騰したらアクをとり、チンゲン菜を入れて煮る。

(3)最後にAを溶き入れる。

 

■さきいかのコチュジャンあえ

 

【材料】(作りやすい分量)

さきいか…60g

A・コチュジャン…大さじ1、はちみつ…大さじ1、ごま油…大さじ1、醤油…小さじ1、おろしにんにく…少々

白いりごま…適量

 

【作り方】

(1)ポリ袋にさきいかを入れ、混ぜ合わせたAを入れてよくもむ。

(2)Aが全体にからんだら器に盛り、白いりごまをふる。

 

コチュジャンは冷蔵庫の残留率はトップクラスだが、じつはどんな料理にもマッチ。ポイントは“ちょい足し”。砂糖と酢を合わせて蒸した鶏のたれにしたり、バターと一緒にパンに塗っても!