自作させよう!“ポテサラ論争”答えは「串カツ田中」にあった

SNS上で勃発したポテサラ論争に終止符! 食べる人が自分で仕上げる「串カツ田中」方式なら、作る側と食べる側、両者にとっていいことずくめ。名づけて「すり鉢ポテサラ」、家庭の新定番にしてみてはーー。

 

世代や男女による価値観の差を浮きぼりにした“ポテサラ論争”。さまざまな論点があったが、ここまで盛り上がった一因には、見かけによらず、ポテトサラダが手間のかかる料理だったことにある。

 

そもそもこのポテサラ、おなじみの料理なだけに、じゃがいものつぶし具合や具材、味つけなど、意外と好みが分かれるところ。それぞれが自分の好みに仕上げることが基本になれば、みんなが笑顔になれるはずだ。

 

ポテサラという料理は不思議で、つぶしたじゃがいもとマヨネーズをベースにすれば、どんな具材を加えてもなぜか味がまとまる。争うことの不毛さを感じるほど、多様性を受け止める料理なのだ。

 

料理家のほりえさちこさんに、作り手の手間がかからず、ポテサラの可能性が広がるアイデアをうかがった。

 

■全ポテサラ共通のベース

・ゆでたじゃがいも
・マヨネーズ、塩、こしょう
・すり鉢&すりこぎ

 

じゃがいもは熱いうちに皮をむくのが大変なら、皮をむいてから粉ふきいもにしても。具材や調味料の分量はお好みでOK。ただし、塩、こしょうは味をみてから仕上げに加えて。

 

【1】<共通ベース>+コンビーフ缶+ちぎったレタス+からし+パルメザンチーズ

コンビーフとパルメザンチーズでコクを“増し増し”にした、リッチなテイストのポテサラ。コンビーフはそのままでも十分おいしいが、炒めて香ばしさをプラスしても。レタスはよく水けをふいておくのがポイント。

 

【2】<共通ベース>+レトルト牛丼+キムチ

牛丼の甘じょっぱいたれが、じゃがいもといい感じにからみ、プルコギとカムジャタンを合わせたような、ビールがすすむおつまみポテサラに仕上がる。キムチを加えることで味がぐっと深まり、超簡単なのに完成度はピカイチ。

 

【3】<共通ベース>+タイカレー缶+バジル

ココナツミルクとじゃがいもが合わさることで、ひと口目が甘くとろける味わいになるため、そのあとにくる辛みがより際立って刺激的。バジルの代わりにパクチーを使っても。タイカレーはグリーンでもレッドでもお好みで。

 

【4】<共通ベース>+鮭フレーク+ウズラ卵の水煮+貝割れ菜

3色の彩りが華やかな、やさしい味わいのポテサラ。貝割れ菜は食感だけでなく、ほどよい辛みもアクセントになる。水分が出る具材が少なめなので、しっとりしたポテサラが好みなら、マヨネーズを多めに加えてみて。

 

すり鉢とすりこぎを用意して、マイポテサラを作ろう。

 

「女性自身」2020年8月11日 掲載

関連カテゴリー: