「細かい計画は立てない」女性脳外科医語る強靭メンタルの作り方

男性優位がはびこる医学界で女性脳外科医としての道を切り開き、脳内の1ミリに満たない血管を処置する手術で活躍する女性。その強靭なメンタルの背景とは――。

 

脳動脈にできたこぶ状の血だまり、脳動脈瘤。これが破裂すると「くも膜下出血」を引き起こし、死に至ることも少なくない。血管と脳動脈瘤の間の根元にチタン製の小さなクリップを挟み、破裂を未然に防ぐのが「クリッピング」と呼ばれる脳外科手術だ。高度な技術と集中力を要するこの手術のスペシャリストである女性が名古屋にいる。

 

「脳動脈瘤は同じように見えて、患者さん一人ひとりでそれぞれ特徴が異なります。実際に開頭してみたら、予想以上に手術が難しいという状況も少なくありません。細かい血管を間違えて傷つけてしまうだけで、運動まひや言語障害などの後遺症が起きてしまうこともあるのです。毎回、全神経を集中して行っています」

 

おだやかに語る表情からは想像できないが、藤田医科大学ばんたね病院の脳神経外科医・加藤庸子先生は、脳外科手術を週3回、年に100例以上こなす。通算手術数は3,000例を超え、これは女性の脳神経外科医としては世界一の数字だ。“脳外科医のゴッドマザー”。人は加藤先生のことをそう呼ぶ。

 

35年前、加藤先生が脳神経外科専門医になったとき、日本にはこの分野の女性医師は25人しかいなかった。まさに女性としてはパイオニア。そして、’06年に藤田医科大学教授に就任。脳神経外科の女性教授は日本初の快挙だった。

 

「決して腐らない。たとえうまくいかなくても、あきらめない。がむしゃらに医学と向き合ってきた結果が、いまの自分だと思います」(加藤先生・以下同)

 

バリバリの男社会で数々の困難を乗り越え、いまも極度のプレッシャーのかかる手術をこなす。そして患者さんとのコミュニケーションもおろそかにしない。そんなゴッドマザーの強靭なメンタルはどのようにして形成されてきたのだろうか。このほど『最強女性脳外科医 神メンタルの作り方』(主婦の友インフォス)を出版した加藤先生に教えてもらった。

 

■人生に細かい計画は立てない

 

脳外科医として多忙な日々を送る加藤先生だが、かつては医師を続けながら、結婚、出産というライフプランを描いていた時期もあったという。しかしいまも独身だ。

 

「結局、その日暮らしのまま、いまがあります。人生はどんなに細かく計画を立てても、思いどおりになることはなかなかありません。朝になれば、朝やるべきことをやる。夜になれば、夜やるべきことをやる。そう考えています」

 

人生にこうあるべしという細かな計画で自分を縛ると、つまずいたときに立ち往生してしまう。そのときの目の前の課題に真摯に向き合うことが、結果的に後悔のない人生につながってきたという。

 

■「トラブルは起こるもの」と想定しておく

 

人生への考え方とは一転し、加藤先生は、手術前の徹底的なシミュレーションを欠かさない。

 

「脳動脈瘤と血管の間に挟むクリップは、約160種類もあります。これを患者さんの動脈瘤のできている場所、血管の状態で使い分けますが、開頭してみて、さあ、どれを使おうかでは遅すぎます。症状が術前の予想と違うことも頭に入れ、最低でも10パターン以上を想定して手術に臨むようにしています。それが平常心を失わずに手術を進めるための心がけです」

 

手術中は思いがけないトラブルも多い。これもすべて起きるものと想定していれば、その場で慌てることはない。

 

「もちろん、さまざまなケースを想定することは一朝一夕にはできません。毎回の手術に精いっぱい向き合う中で学んできたものです」

 

私たちの身の回りのトラブルにも、日ごろから対処法を想定しておくことでスムーズに解決できることが多い。経験したことを次に生かす、という姿勢も大いに学ぶべきところがある。

 

■背中を押されたら、まずやってみる

 

「私が愛知医科大学に入学したとき、同期100人のうち、女性は8人だけでした。当時は医学部の女性は婦人科や内科に進むのが主で、外科に進むことは私も想像していませんでした。医学部の6年生になり、専攻を何にするか悩んでいたら、脳外科医だった主任教授から『あなたはいかにも健康で体力がありそうだから、脳外科医をやりませんか?』と言われたんです。見込まれたと思い込んだ私は誰にも相談せずに即決しました。それがスタートです」

 

加藤先生に言わせれば、人は今日と明日では判断する状況がことなってくる。だから、その日、そのとき決めたことがベストアンサーなのだとか。

 

「頭で悩んでばかりいるより、まず一歩を踏み出すことが大切。もし誰かに背中を押してもらえたら、勇気をもってやってみることです」

 

男性社会の壁に直面しながら道を切り開いてきた脳外科医のゴッドマザー・加藤先生。一瞬のミスが命取りになる環境でも動じない心を保つ“神メンタル”の根本は、私たちの日常にも生かせる示唆に富んでいた――。

関連カテゴリー: