パン類、洋菓子持つ“超悪玉コレステロール”リスクを医師が警鐘

「コレステロールは、私たちの体の細胞壁やホルモンの材料となるなど、生きるうえで必要不可欠なものです。ところが、誤った食生活によって悪影響をうけると、血管壁に蓄積して動脈硬化の原因となり、逆に体に悪影響を与えてしまうこともあるのです」

 

こう話すのは内科医で動脈硬化に詳しい池谷敏郎先生。偏った食生活はコレステロールの“暴走”を起こすという。

 

「コレステロールは体内でLDLコレステロールとして血管壁に運ばれます。このLDLコレステロールが酸化されて変性するとマクロファージという免疫細胞に取り込まれて処理され、血管壁にたまり、プラークというコブになってしまいます。これが動脈硬化です。LDLコレステロールが悪玉コレステロールと呼ばれるゆえんです。ちなみに、LDLコレステロールには大型、小型サイズとあるのですが、小型のものほど血管壁に取り込まれやすく、活性酸素による酸化もされやすいため、小型のLDLコレステロールは超悪玉コレステロールとよばれています」(池谷先生・以下同)

 

超悪玉の小型LDLが増える原因のひとつが「中性脂肪の取りすぎ」だ。

 

「中性脂肪を取りすぎると、小型LDLコレステロールが増え、脂肪の燃えかす(レムナント)を増やします。このレムナントが酸化されやすく、プラークの材料となるのです」

 

中性脂肪は、炭水化物やマーガリンを含んだ、パン類やケーキ、クッキーなどの洋菓子やスナック菓子に多く含まれる。

 

「中性脂肪は内臓脂肪の原料でもあり、おなかがポッコリしたメタボ体形の人は血中の中性脂肪値が高い傾向があります」

 

そして、小型化したLDLコレステロールの酸化を促進する食べ物が、ソーセージ、ハムなど加工肉食品、インスタントラーメン、マヨネーズなど動物性由来の脂肪やトランス脂肪酸といった酸化したコレステロールを多く含む食品だ。

 

「意外に思われるようですが、せんべいやおかきといった米を原料とした菓子も、表面に動物性油脂やトランス脂肪酸が塗られていることがあります」

 

するめやビーフジャーキーといったUV照射をしている加工品も体内の酸化を促進する物質が多いのだという。

 

「女性自身」2020年3月17日号 掲載

関連カテゴリー: