「WITHコロナ」の時代に向けて実践したい「呼吸筋ストレッチ」

「収束のための1カ月」と安倍首相が語った5月が終わり、ついに、東京を含むすべての都道府県で緊急事態宣言が解除された「新型コロナウイルス」。

 

5月7日にはエボラ出血熱の治療薬だった「レムデシビル」が新型コロナウイルスの治療薬として国内初の薬事承認を受け、中旬からは医療機関での使用が認められた。また、新型インフルエンザの治療薬として開発された「アビガン」も承認こそ遅れているものの、その存在は早くから注目を集めており、すでに国内でも3,000例近く投与されているという。

 

これらの薬に共通していえることは「ウイルスの増殖を抑え、症状を改善する」こと。

 

5月半ばには抗原検査キットが国内初承認を受け、PCR検査を補完する存在として期待されているが、こうした医療品が続々と承認・使用されるようになっていけば、ウイルスへの向き合い方も、おのずと新しい段階に入っていくことになるだろう。

 

つまり、今後は、引き続き感染予防には注意を払いながらも、「もしも感染した場合は、重症化や最悪の事態を免れるための対策をとる覚悟」を持つ必要があるのだ。

 

免疫に詳しい、順天堂大学大学院医学研究科の竹田和由先生は次のように語る。

 

「ワクチンが開発され、一般化するのはもう少し先のことでしょう。また、一般的にウイルスは、人口の大多数であるおよそ7割が感染して免疫を獲得する『集団免疫』ができあがることで収束に向かっていくものですが、この獲得にもまだまだ時間がかかるはず。新型コロナウイルスが世界中でここまで感染が拡大した以上、『自分も感染している、または感染する可能性がある』と考えたうえで、重症化しないよう自衛する工夫が必要といえるでしょう」

 

現在、働き方や、人とのコミュニケーションの取り方において模索されているのが「WITH コロナ」という考え方。ウイルスの根絶を目指すのではなく、共に生きることを前提とするものだ。

 

これは「健康の維持」においても同じで、新型コロナウイルスと“上手につきあう”ことにも目を向けなければならない段階に移りつつあるといえるだろう。

 

そのためのポイントは、新型コロナウイルスによるもっとも代表的な病気である「肺炎」に関わる「肺機能」だ。万が一、新型コロナウイルスに感染した場合に備えて、肺機能を日々、強化しておくことが重症化を防ぐカギ。

 

では、その「万が一」の際、重症化を防ぐために私たちができることとはなんだろう? そこで、日本赤十字社医療センター呼吸器内科医の生島壮一郎先生が、肺機能向上のためのストレッチを紹介。

 

■今すぐ実践!「呼吸筋ストレッチ3」

 

<肩をすくめてポンッと下ろす>

【1】まっすぐ立って肩の力を抜く
【2】息を吸いながら肩をすくめる
【3】息を吐くと同時にポンッと力を抜いて肩を下ろす。1〜3を3回

 

<頭を左右に倒し、回す>

【1】頭をゆっくり左右に倒し首のストレッチ
【2】左右交互に、頭をゆっくり回す。1〜2を2回

 

<両手の先を肩につけ肘を回す>

【1】両手の指先を肩に乗せ、肘を外に向ける
【2】下から肘を持ち上げ、肩をほぐすようにゆっくりと腕を回す。肘はできるだけ高い位置を保って
【3】反対回りも同様に。1〜3を3回行う

 

「呼吸筋とは呼吸をする際に胸郭の拡大・縮小を行う筋肉のことで、首元からおなかにかけて存在しています。具体的には、横隔膜や内肋間筋、胸鎖乳突筋などのこと。自分では伸び縮みできない肺の動きをよくするためには、この胸郭を広げる呼吸筋の力と柔軟性を保っておくことが大切です」(生島先生・以下同)

 

とくに現代人の多くは座りっぱなしで運動不足のため、肩や背中、肋骨周辺の筋肉が固まって血流も滞りがち。家事や仕事の合間に「呼吸筋ストレッチ3」で呼吸筋をほぐす習慣をつけよう!

 

「鼻から息を吸い、口笛を吹くように口をすぼめた形で息を吐き出す『口すぼめ呼吸』もおすすめです。腹式呼吸でリズムをとって息を吸い、吸うときの2倍の時間を使って吐き出しましょう」

 

世界中が「共存」への道も模索し始めた新型コロナウイルス。引き続き感染予防に心を配りつつも、これからは「自分も感染するかもしれない」と肝に銘じたうえで、重症化を防ぐことが新たなスタンダードになるかもしれない。

 

「女性自身」2020年6月16日号 掲載

関連カテゴリー: