放っておけない「夕方老眼」予防のカギは「ドライアイ対策」
画像を見る

「夕方になると新聞や雑誌の文字が見えづらい」「買い物のときに商品パッケージの文字が見えない」などと、なにげない日常生活の中で、その症状を自覚することが多いのが「老眼」。   40代から50代にかけて始まるこうした症状は、目のピント調節機能が低下することによって起こる老化現象のひとつだ。   「ヒトの目を覆う毛様体筋は、輪ゴムの...

【関連画像】

関連カテゴリー: