コロナ禍でペンギン歩きになってない?「ライオン歩きのすすめ」
画像を見る

日本には認知症の前段階であるMCI(軽度認知障害)の人が約400万人いるという。加えてコロナ禍で外出の機会も減って、狭い歩幅でペタペタ歩く「ペンギン歩き」になると、認知症になるリスクが増大するというーー。   「脳と足の関係は深く“足は脳を映し出す鏡”といわれるほどです。脳の衰えには気づきにくくても、足腰の衰えには気づくことができます。足腰の衰えは...

出典元:

「女性自身」2021年10月19日号

【関連画像】

関連カテゴリー: