image

もうすぐやってくる2016年。「来年こそは金運に恵まれたい!」と願うみなさんに、話題の風水師・愛新覚羅ゆうはんさんが金運アップの方法を伝授。1年の締めくくり&新しい年を迎える年末年始の時期は、金運を上げるチャンスがいっぱいだという。そのポイントを教えてもらった。

 

【クリスマスプレゼントは夫の出世運を上げるもの】

夫へのクリスマスプレゼントは、本革の鞄、靴、高級感のある時計でクラス感を出し、出世運をアップすることがお金持ちへの近道。夫からもらうのは、パールのアクセサリーなど上品さを感じさせるアイテムで、お金に愛される女性に。

 

【大掃除は玄関をピカピカにし開運アイテムを飾る】

大掃除でいちばん力を入れたいのは、いい運気を呼び入れる玄関。ここは隅々までピカピカにし、金運を呼ぶ「赤富士」の絵や写真を飾りましょう。さらに玄関を入って左側にオーバル形の鏡を置くことで、悪い気が入ってきても祓われます。

 

【キラキラしたペンやシールで年賀状を送ると相手も金運アップ】

年賀状を書くときは、金銀のペンを使って、送った相手へキラキラした金運力を与えましょう。人に与えたものは必ず自分に返ってくるので、年賀状を送った相手から、収入アップの耳よりな情報が入ってくるかもしれません。

 

【髪にはさみを入れることで運気をリフレッシュ】

髪=神と言われることもあり、髪はいつもきれいにしておかないと運気は上がりません。新年を前に美容室に髪を切りに行ったり、自分で髪に少しはさみを入れるだけでも、悪い運気を断ち切って、お金が入ってきやすい運気が作れます。

 

【カレンダーは人の顔はNG。自然の風景のものを】

好きなアイドルやスターのカレンダーを貼っている人も多いですが、人の顔のカレンダーはNG。その人の運気に自分が影響されたり、自分の運気が吸い取られます。カレンダーは自然の風景など人物以外のもので金運を安定させましょう。

 

【初詣のお賽銭は女性は小銭、男性はお札】

初詣は新調した洋服やバッグ、靴などを身につけていくと願いも叶いやすくなります。お賽銭は女性の場合、小銭を入れて音霊を発生させて清め、お金に好かれやすくなる力をもらいます。男性はお札を入れて、仕事運を上げることで金運もアップします。

 

【実家に帰省するときは新しい靴下をはく】

年末年始に実家へ帰省するときは、新しい靴下をはいて、運気を一新。金運は大地から入ってくるとも言われ、足元は重要な場所。清潔に保ち、きれいな靴下をいつもはいていれば、お金が寄ってきてくれます。

 

【おせちのお重は奇数にし、赤いものから食べる】

重箱は縁起のいい奇数で用意。赤は来年の干支である申年を表す色で、強運をもたらします。エビなど赤いものから食べると、2016年は金運を味方につけることができます。黄金色の栗や、「まめに働く」を意味する黒豆も金運アップの食べ物です。

 

【御年賀はパープルのタオルで厄を落とす】

御年賀にタオルを贈る人も多いですが、タオルは厄を落としてくれる重要なアイテム。色は金運アップカラーのパープルがおすすめです。周りの人の金運がアップすると循環し、自分のお金まわりもよくなります。

 

【正月の花に入れたいのはミリオンバンブー&梅】

お正月のお花を飾るなら、発展運をもたらすミリオンバンブーを使うのが2016年にはおすすめ。縁起のいい紅白の梅の花や赤いダリア、黄色の菊も金運アップのパワーを与えてくれます。ゴールドの花器にアレンジすれば、さらにお金が入ってくるはず。

 

ゆうはんさんに教えてもらった方法を実践すれば、2016年は大金持ちになれる!?

関連タグ: