そこでしか買えない地の物、新鮮野菜や魚介類。その土地の名産や名品が安く手に入る朝市は、おいしいものの宝庫。何より、売り手(地元の漁師さんや農家さん)とのやり取りや情報交換、おしゃべりも魅力のひとつ。最近は行列のできる朝市もあるとか。

 

そんな朝市も、GWにはさらにおトクな情報が満載。ファミリーに向けた特別イベントが開催されたり、通常よりもさらに安く品物が買えたりと、今からでもチェックして損はない。

 

特に今年のGWの狙い目は、港や海岸で開催される朝市。たとえば、「春のそれ伊豆山伊勢海老磯まつり」は、海の幸を食べつくそう!と、目の前の相模湾でとれた伊勢エビやアワビ、サザエなどが格安で提供され、毎年テントの前は長い行列が。そんな、朝市のおトクな情報は次の通り。

 

【銚子の朝市 ウォッセ21(千葉県銚子市)】

5月4日(日)、5日(祝)。GW限定で大道芸、屋外に屋台が並ぶイベントあり。屋台では、銚子でとれたハマグリやイカ焼きを販売(雨天の場合は屋内)。8時30〜17時。

 

【江の島・片瀬漁港朝市(神奈川県藤沢市)】

6日(祝)開催。通常価格より格安で、その日に江の島沖から水揚げされた、サバ、アジ、イワシ、タチウオ、イカなど、新鮮な魚介と、市内産の旬の野菜が並ぶ。朝市9〜12時(売り切れ次第終了)。

 

【春のそれ伊豆山伊勢海老まつり(静岡県熱海市)】

5月4日(日)、5日(祝)。とれたての伊勢エビやアワビ、サザエなど海の幸を販売。名物サザエご飯はなくなり次第終了。両日12時〜先着150名にアンコウ味噌汁のサービス。伊勢エビ、サザエのつぼ焼き、日帰り入浴券などが当たるお楽しみ抽選会は11時から。朝市10〜16時。

 

【魚津の朝市(富山県魚津市)】

5月5日(祝)。カニ食べ放題!大人1,000円、子ども500円を特別開催。ホタルイカの発光ショーやホタルイカすくい(1回100円)も。魚津の新鮮な魚、農産物、かまぼこなども販売。魚津のゆるキャラ「ミラたん」も登場。朝市7時〜。

 

【佐世保朝市(長崎県佐世保市)】

5月3日(土)、5日(祝)、6日(祝)に朝市開催。格安で新鮮魚介や果物が手に入る。全国でも珍しい「せり」に参加できる「せり市」は次回は10日開催予定。朝市3〜9時。