最近、神社やお寺の境内や敷地内に美味しいレストランやカフェが急増中。女性の新しいパワースポットとして大人気だ。今回は、気功と独自の技術を組み合わせた「気煌」によるカウンセリングで人気のエナジーカウンセラーの煌さんに、東京の“寺社内カフェ”をナビゲートしてもらった。

 

●東京都豊島区『金剛院・赤門テラスなゆた』

「心を鎮め人生を真剣に考える場所としてもおすすめ」

 

500年の歴史を誇る真言宗豊山(ぶざん)派の金剛院。33代目の住職がオープンしたカフェは、人々がご縁を結ぶ「結縁」の場所となることを目的とし、イベントなども企画。境内を見ながらランチやスイーツがいただけます。週替りランチ「本日のお寺ごはん」¥700はごはん、メイン、惣菜4品がつき栄養バランスが考えられたメニュー。ほうじ茶付き。

 

●東京都渋谷区『東郷神社・Caf’e-Bar ESPION』

「勝負事があるならば植物の癒しの気を浴びて」

 

勝利の神様として、海軍大臣・東郷平八郎元帥を御祭神とする東郷神社。隣接するマンション内にあるカフェは神社が経営しているとは思えないほどスタイリッシュ。人気は週替りで提供される2つのカレー。1日限定10食の「アラミルカレー」¥1050は、東郷平八郎が好んだイギリスのシチューを意識した牛頬肉のビーフカレー。

 

●東京都新宿区『赤城神社・あかぎカフェ』

「本殿を見ながらお茶すると温かい気で愛情運が満ちてきます」

 

1300年に創建された赤城神社。神楽坂在住の建築家・隈研吾氏がデザイン監修し、スタイリッシュな神社として有名に。神社のすぐ隣にある境内のカフェは、モーニングからディナーまで幅広く楽しめます。人気のデザートは「ポテトホットケーキ」¥600。メイプルバター、カラメルバター、ハチミツシナモンバターからソースが選べます。