猛暑の夏がやって来た。今年も熱帯夜が続く?「暑くて眠れな〜い、でもクーラーかけっぱなしじゃ体調が……」という人も少なくないはず。そこで生活研究家・阿部絢子さんに自然と涼しく眠れる方法を聞いてみた。

 

〈就寝1時間前にぬるめのお風呂へ〉

お風呂には汗を皮膚から流し、温めて自律神経を整える効果があります。シャワーだけでなく、お湯につかりましょう。安眠を得るためには、寝る1時間ほど前にぬるめのお湯につかるのが効果的です。入浴後、体温が下がるタイミングで就寝を。

 

〈吸収、発散に優れた“寝ござ”〉

人は眠っている間に約180ccの汗をかきますが、夏はその量が倍になるとか。寝具は吸湿性、発散性に優れた素材を選びましょう。昔ながらの寝ござがおすすめです。い草は綿の3倍も汗をとる効果があるといいます。この効果で、肌がさらさらに感じられ安眠できるのです。また、い草の香りにはリラックスと安眠を促す効果や、汗の中の臭いのもとになる成分を分解消臭する作用もあります。

 

〈虫は通さず、湿気は逃がす蚊帳〉

昔、どこの家にもあった蚊帳は虫の侵入を防ぐだけではなく、風を通して湿気をこもらせないので、蒸し暑い夜に涼しく安眠するための必需品でした。現在では、目の粗い麻や木綿、ナイロン製のものも。

 

窓を開けず、エアコンや扇風機のタイマーをかけて寝る場合も、ベッドや布団の上から蚊帳をつってその中で眠ると、風が直接当たらず体に優しい状態になります。また、蚊帳で囲むことで周囲が特別な空間になり、リラックス効果も得られます。

 

〈寝室の照明は月明かりと同じに〉

快眠に適した寝室の照明は、真っ暗にしてしまえばよいというものではありません。ほんのり明るい月明かりくらいが理想。不安を取り除き、安眠できるのだとか。フットライトやランプの豆電球など、少し明るさを残して眠りましょう。