人は見た目が何割だとか、これまでもよく言われてきたことだが、細かく分析してみると「人は仕草が65%」。言葉から受け取る印象はたったの35%だという。意識していないところで嫌われないために、自分の仕草を見直そう。

 

「人は思った以上に相手の仕草に敏感。嫌われる仕草をしていると、確実にあなたから離れていきます」

 

こう話すのは、行動心理学者として10万人のデータを調査研究してきた御瀧政子先生。

 

「米国の心理学者・レイ・バードウィステル博士の調査では、1対1のコミュニケーションで、言葉によって伝えられる情報は全体の35%、残りの非言語から65%。さらにグループでの会話の場合、言葉で伝わるのは10%以下です」

 

つまり、人は会話とは別に、相手の仕草を見ながら、今何を考えているかなどを推察し、自分との距離を測っているのだ。

 

「典型的なのは、髪の毛をしょっちゅうさわったり、爪をかむなど、親から『それは人を不快にさせる』と指摘されてきた仕草。ただ、ふだん何げなくしている中にも、嫌われる仕草はたくさんあります」

 

そんな「人に嫌われる仕草」を御瀧先生が教えてくれた。

 

■両足先をクロスして座る

 

「人はささいなことで相手の気持ちを察します。足首を交差させるのは、ちょっとおじけづいたときに出てしまう仕草。『自分は今、この場の居心地が悪い』というネガティブな信号を発信しているのです。足元まで見られていないだろうと油断していると、すべて相手に筒抜けになっているからご用心を」

 

■ひんぱんに足を組み替える

 

「これは落ち着きがない態度の典型。人は相手の落ち着かない様子に不審なものを感じ取り『隠しごとをしている』とか『うそをついているのでは?』と無意識に思うのです。よけいな詮索をされないためにも、一度足を組んだら、あまり組み替えないのが無難です」

 

その仕草、相手を不快にさせているかも……。身におぼえがあったら要注意!