改元前に自宅の不用品を整理!意外に高値でつくグッズとは?

「元号が令和になるのを機に、家にある古いもの、親の遺品を整理したくて来ました。どうせなら、少しでもお金になったほうがうれしいですから」(50代女性)

 

郊外の公民館で行われた無料鑑定会には、切手コレクションを手にした男性、ブランドバッグを持ち込んだ夫婦が続く。しかし、どうやら思うような買取り価格が提示されなかったようだ。

 

本誌記者も10年以上前に購入した、電池切れのブランド時計を鑑定してもらうと「値がつきませんね」というまさかの回答が……。ところが後日、別の業者に持ち込むと「1万円で買い取ります」と、大きな差があったのだ。

 

「まずは、売りに持ち込む方々も、どのくらいの価格で売れるのか、ある程度の知識を持っておくことが大事です。とくに、昭和・平成時代に購入したもののなかには、いま高い値段で取引されている“お宝”が眠っている可能性があるんですよ」

 

そう語るのはチケットやブランド品を買取り販売している大黒屋有楽町イトシア店・店長の小池邦彦さん。改元を機に“整理”したくなるようなわが家のグッズの買取り最前線価格を教えてもらった(4月8日現在の価格を参考)。

 

【金・プラチナ】24金の値段は10年前の倍近くに!

 

「この2年ほど、金の価格は高値で推移しているので“売り時”です。10年ほど前に比べても、18金で、1グラム当たり1,000~1,500円も値上がりしています。反対にプラチナは10年前は1グラム当たり約4,900円でしたが、現在は約3,500円と、3割ほど値下がりしています」

 

【テレホンカード】アニメやアイドルものはメルカリで!

 

街から公衆電話が激減し、需要もめっきりなくなったテレホンカード。記者が大切にしていたアイドルのカードも、テレカ専門店でも500円から“額面割れ”という結果に。

 

「お店によりますが、未使用の50度数(500円分)のカードで、200~350円くらいが買取り相場。プレミアがつくケースはまれです」

 

しかしメルカリなどの個人売買型買取りサービスは、コレクターの目に留まりやすい……そんなウワサを耳にし、検索してみると、3月に現役引退を発表したイチロー(’99年オリックス・ブルーウェーブ時代)のテレカが5,000円で取引されていることを確認!

 

夫や息子が保存していたアニメやアイドルのテレカなど、コレクターの“収集欲”を刺激するようなものは、一度メルカリに出してみるのがよさそうだ。

 

【酒】山崎18年は約5万5,000円ほどの値段に!

 

小池さんが、「いま売りに出すならいちばんの“狙い目”」と語るのが酒類だ。

 

「中国人旅行者の需要が高まり、この1年でお酒の買い取りが莫大に増えました。とくに人気なのは、日本製のウイスキー。『山崎12年』で1万円、『白州10年』で1万5,000円の買取り価格で、オープン価格の3倍ほどになっています」

 

コルクを使用しているお酒は、未開封でも中身が減ってしまっているものもある。そういった場合は、元の買取り価格から、減った分を差し引いて査定するという。

関連カテゴリー: