宝くじ業界にある「リニューアル・移転」で1等が出るジンクス

昨年、大みそかに抽選があった1等・前後賞合わせて10億円の年末ジャンボ。本誌では、昨年12月3日号で「47都道府県“爆当たり”売り場」としてお薦め売り場50を紹介した。

 

そのなかから「西銀座チャンスセンター」(2本)「名駅前チャンスセンター」「大阪駅前第4ビル特設売場」「みずほ銀行熊本支店」の4売り場が見事、的中。総額50億円爆当たりという結果になった。

 

そこで2月3日から発売される1等・前後賞合わせて3億円の「東京2020協賛ジャンボ」(今年のみバレンタインジャンボから改名)に向けて、今回の1等当せん売り場を直撃。10億円を招いた秘訣を探ってみた。

 

宝くじ業界には「売り場が移動したり、リニューアルすると当たりが出る」という“伝説”がある。まさに「大阪駅前第4ビル特設売場」はビル周辺の舗装工事のため、一時、売り場が第3ビル前に移転。この年末に、元の場所に戻ったところだった。

 

「場所を移ることで、売り場の運気が一新して、宝くじの女神の目に留まりやすいということではないでしょうか」(販売担当・野田保隆さん)

 

今回の1等10億円当せん売り場の神奈川県「東名高速道路海老名SA(下り)宝くじコーナー」も売り場が動いたばかり。’15年サマーでも1等が出ている幸運の売り場だが、現在、サービスエリアの改修事業で、昨年秋から中央休憩室内の仮売場で営業中なのだ。

 

「ちょっとわかりにくいところで仮営業しているんですが、年末前にも、スクラッチでその場で100万円を当てた家族連れがいて『今回の旅行代が出た』と大喜び。運気がいいなと思っていたら、今度は10億円でした」(住原翔吾店長)

 

北海道で唯一10億円が出た「ラッキーゲート」はイオンモール苫小牧の中にある売り場。’13年年末で1等7億円、’18年ロト6で1等2億6,000万円が出て絶好調だ。

 

「’13年の年末1等を当てたのは地元の主婦の方。ぼうぜんとされていたのが印象的です」

 

と、福士徳彦社長。見てのとおり、社長の名前が縁起がよく、これも大当たりを招く一因ではと、地元では評判だ。

 

「女性自身」2020年2月11日号 掲載

関連カテゴリー: