あなたの趣味、特技で稼げるかも…在宅ワークのチェックリスト

「働きたいけど、新型コロナウイルスが怖くて、家から出たくない」

 

いま世の女性から、そんな悲鳴があがっている。自宅でできる仕事といえば、内職などがあるが、単価も安く単純作業がほとんど。よっぽど、その作業が好きか、根気がないと続けられないだろう。なんとか、楽しく自宅でお金を稼ぐ方法はないものか。

 

「あります。“趣味”や好きなことを仕事にすればいいのです!」

 

そう断言するのは、「趣味起業コンサルタント」の戸田充広さんだ。趣味のスペイン語を生かして、スペイン語の教材の販売で成功した戸田さん。趣味を生かした起業・副業の有用性に気づき、一般社団法人全日本趣味起業協会を設立。これまで400人以上の起業家を育ててきたという。

 

そんな戸田さんが趣味を生かして在宅でお金を稼ぐ方法を教えてくれた。まず大事なことは、「楽しいと思えるものを選ぶこと」と戸田さん。

 

「仕事を探すときに、普通なら『これなら私でも稼げるかも』と、考えがちですが、趣味を生かして起業する場合、楽しいか楽しくないかが最初の指針。楽しくないものをやっても長続きしません」

 

そうはいっても、「料理をしているときは楽しいけど、お金もらえるレベルじゃない」と、思うような人が圧倒的に多いはずだ。

 

「しかし、『もう少し腕があったら』『お金もらうにはまだまだ……』と思っていたら、一生起業はできません。自分より腕が上の人は、常に存在し続けます。大切なのは、“今やる!”ことです」

 

もし、何も思いつかない場合は、次のチェックシートをやってみてほしい。

 

【趣味/好きなこと】

 

■裁縫が好きでよく小物などを作る=〈おすすめの仕事:ハンドメードの作品・マーケットに出す〉

自分で手作りしたものを商品として販売。楽しみながらできて、人気になると高収入を得られることも。報酬:1作品数千円〜数万円も。

 

■新しいものがあると飛びつく=〈おすすめの仕事:新製品モニター〉

企業の新商品を無料、または割引価格で受け取り実際に使って感想をメーカーに報告する。飲食品、化粧品、ファッション関連などジャンルがあり、ネットで商品モニターを募集している。報酬:1万円〜。

 

■へたうまだけど、絵を描くのが好き=〈おすすめの仕事:イラストレーター〉

雑誌や書籍、WEBなどのメディアに掲載するイラストを描く。“へたうま”でも独特の絵が描けると仕事を得やすい。報酬:1点500円前後〜。

 

■買い物が好きで、家にものが多い=〈おすすめの仕事:ネットオークション〉

「メルカリ」「フリマアプリラクマ」「ヤフオク!」などのサイトに、使ってないものを出品する。同様の商品をほかの人がいくらで売ったかを参考に、値段を設定すると売れやすい。報酬:価格設定次第。

 

■占い好きで、自分で占うこともできる=〈おすすめの仕事:オンライン占い師〉

占い師に資格は関係ない。タロットカード占い、占星術、手相とジャンルも多い。大切なのは、勉強と経験を積むこと。電話やメールでも仕事ができる。報酬:1回1,500〜3,000円ほど。

 

■興味のある分野を徹底的に勉強する=〈おすすめの仕事:オンライン・お茶会を主催して立ち上げる〉

SNSで、韓流や歴史など好きな分野の「○○について楽しく話をしましょう」と呼び掛けてオンライン会議の主催者となり参加費をもらう。テーマの資料を簡単に準備し、趣味が同じ人に楽しい場を提供する。報酬:参加費×参加人数。

 

■ネットサーフィンをいつもしている=〈おすすめの仕事:WEBライター〉

ネットのニュースサイトやネットショッピングの商品の説明・宣伝の文章を書く仕事。文章のスキルと検索エンジンのためのキーワードを盛り込むことも求められる。募集サイトに登録する。報酬:5〜10文字で1円程度。

 

■ブログを書くのが好き=〈おすすめの仕事:ブログに広告を付ける〉

自分のブログやWEBサイトなどに、広告リンクを貼る。クリック数や広告を見て商品が売れた数に応じて収入が得られる。報酬:成功報酬。

 

【特技】

 

■とにかく早起きだ=〈おすすめの仕事:モーニングコール〉

早朝に起きなければいけない人や、朝起きるのが苦手な人に電話をかけて起こしてあげる仕事。朝5〜9時ごろが業務時間になる。報酬:1回100円前後。

 

■人を教えていた経験がある=〈おすすめの仕事:オンライン家庭教師〉

休校している学校が多く、オンラインでの授業の需要が増えている。報酬もよく、時給1,500円以上が相場。教師や塾講師、家庭教師などの経験があるといい。報酬:時給1,500円以上。

 

■ブラインドタッチができる=〈おすすめの仕事:テープ起こし〉

取材や講演などの音声をパソコンで文字にする。基本的に録音時間の5倍ほどの時間は要するが、スキルが高いほど、時間が短縮できる。報酬:1時間の録音で5,000円程度。〈おすすめの仕事:パソコンによるデータ入力〉。指定の文字や数値をパソコンのソフトに打ち込んでいく。パソコンのWordやExcelの基本的スキルがあればできる。すきま時間にできるが納期は守ること。報酬:5〜10文字で1円程度。

 

■仕事や家事に独特のノウハウを持っている=〈おすすめの仕事:メルマガ発行〉

ビジネスや料理、育児などのノウハウを文章にして、メルマガとして発行する。配信できるサイトに登録。無料のメルマガに広告を掲載して広告料を得るか、有料制にして購読してもらう。報酬:1通0.5〜1円。

 

■外国語が得意=〈おすすめの仕事:翻訳〉

日本語以外の言語で書かれた文章を日本語に訳したり、日本語の文章を外国語に訳す。TOEICのスコアなら860点以上の実力が必要。また日本語も読む人にとって、わかりやすい文章にするスキルも必要。報酬:1語10〜20円が相場。

 

■ある分野で秀でた技能を持っている=〈おすすめの仕事:オンライン講師〉

自分の得意なことを教えて収入を得る。趣味や仕事の専門知識を、わかりやすく、退屈させないように話すことが必要。今はオンラインでのセミナーなども増えている。報酬:1回数千円〜(参加人数次第)。

 

“趣味や好きなこと”が見当たらない場合は、自分が“特技”としていることを仕事に選べば、少ないストレスで働くことができるかもしれない。

 

現代社会において、在宅ワークをうまく行うのに欠かせないのが、インターネットの活用だ。といっても、難しい知識が必要なわけではない。利用者を増やすために、操作しやすいサイトが次々誕生している。

 

「たとえば、『ココナラ』というマッチングサイトがあります。自分が“できること”を商品のようにして簡単に出品できます。逆に、公開されている仕事の依頼を、受注することもできる。『タイムチケット』というサイトでは自分の時間を30分単位で売ることができます。対面の仕事もありますが、電話での占いや人生相談を出品している人もいます」

 

自分の手で商品を作った場合、「メルカリ」などのフリマサイトや「ヤフオク!」などのオークションサイトでも出品できるが、手作り品に特化した「minne」では、販売のほかに、オーダーメードの商品を提案し、受注することもできる。

 

いま、こうしたサイトではさまざまな手作りマスクが1点500円ほどから出品されている。売れ筋の商品から、いまのトレンドを知ることもできるのだ。SNSの活用も大切だ。

 

「私の起業講座の生徒に、羊毛フェルトの作品をつくる女性がいました。彼女は自分の作品をツイッターなどで発信し、集客して60万円ぶんもの作品が売れました。このようにブログや、ツイッター、インスタグラムでフォロワーを増やし、集客ができると、売り上げは一気に期待できます」

 

ただ、注意してほしいのは、売り上げばかりに目がいって、ストレスをため込んでしまうこと。

 

「もし続けていけるかどうか迷ったら、売り上げよりも、楽しめているかどうかで判断してください。楽しくないと思ったら、仕事を変更する勇気を持ちましょう」

 

「女性自身」2020年4月21日号 掲載

関連カテゴリー: