同居母を看取ったら? ケースで見る介護にかかるお金

平均寿命は女性がおよそ87歳、男性がおよそ81歳。長い老後はそのまま介護の長さに直結する。“ホントのところ”いくらくらい費用がかかるのか。実例をもとに学ぼう!

 

「老後の介護資金を考えるとき、施設のパンフレットに記載される入居一時金や月額利用料ばかりに目を奪われる人が多いです。しかし貯蓄、年金収入、自宅の売却、利用者の健康状態、家族のサポートなど、それぞれの家庭ごとに異なる事情も考慮して、計画を立てなければなりません」

 

こう語るのは、介護施設コンサルタント業務を請け負うスターパートナーズ代表の齋藤直路さんだ。

 

「長寿社会の現在、あなたの親やあなた自身の介護を考えるとき、90歳や100歳まで生きることを前提にした計画を立てることが必要になってきます。長生きすることはうれしいですが、結果、資金的に追い詰められるリスクも……。介護施設に入居した人が、資金が尽きて、ふたたび家庭に戻るという例も最近は聞くようになりました」

 

人生には想定外のことが起こるもの。だからこそ、さまざまなケースを知る必要がある。そこで、介護経験のある家庭の聞き取り取材をもとに、具体例を作り、その総費用を算出した。介護費用はすべて自己負担が1割の場合の金額だ。

 

「介護は本人ばかりでなく、家族全体の問題です。これを機に親子や夫婦で話し合ってほしいですね」

 

【ケース1】母と同居し、「在宅介護」を行う場合

 

千葉県郊外に住むDさんは、母と同居している。母は昔からテレビの健康番組を見ることが日課で、大人の塗り絵やウオーキング、筋トレなど、“よい”といわれるものは、積極的に生活にとり入れるタイプ。その結果、頭も体も元気そのもの。

 

「一緒に住んでいるんだから、困ったことはなんでも頼ってね」とDさんが言っても、母は「あなたはパートがあるんだから、そんなに心配しないで」と、逆に気遣ってくれるほどだった。

 

しかし、寄る年波にはかなわない。80歳で要支援2と認定されたことで、健康管理のために週2回のデイサービスの利用を始めた。87歳で要介護2。留守の間に何かあると心配だからと、高齢者施設への入居を考えたこともあったが、母の「畳の上で死にたい」という意思を尊重した。

 

家の中でのけがを心配したCさんは、バリアフリー工事をすることに。玄関の段差にスロープをつけたり、階段に手すりの取り付け工事で総額約100万円となったが、介護保険の支給対象である20万円までは給付を受けられたため、自己負担は82万円で済んだ。

 

母は、Dさんのサポートを受けつつ、週3回に増やしたデイサービスを生活の張りにして、90歳のとき、自宅の布団で亡くなった。

 

【介護でかかった費用】

 

■80~86歳(要支援2)

・介護費用(月額):6,000円

 

■87~90歳(要介護2)

・バリアフリー費用:82万円
・介護費用(月額):8,600円

 

・11年の総費用:173万6,800円(1年あたり15万7,890円)※介護費用のみで食費、医療費などは含まない。

 

「純粋な介護費用としては、在宅介護がもっとも安くなります。貯蓄を使わずに、家族に財産が残ることもあるかもしれませんが、家族の負担は大きくなります。Dさんのお母さんは亡くなる寸前まで元気だったのと、母子仲がよかったので、最期まで負担は少なくみとることができたようです」(齋藤さん)

 

具体例を紹介したが、齋藤さんはこう注意を促す。

 

「あくまで概算なので、各ご家庭の事情に照らし合わせてください。さらにこのほかにも、予想外の医療費など“アクシデント”は起こるので、さらに余裕を持った資金計画が必要です」

 

また“ついのすみか”を決める際、お金ばかりでなく“人”もしっかりと見極めなくてはならないという。

 

「利用料が安くても、介護レベルが高い施設はあります。その逆の可能性もあります。入居候補先には事前に見学、施設長に面談をし、理念や施設内の日常の様子も見ておきましょう。さらに、スタッフの離職率なども参考にしてください。次々に人が入れ替わる施設は、介護レベルの低い人材も紛れ込むため、要注意です」

 

絶対に後悔をしないために、ついのすみかは慎重に選びたい。

 

「女性自身」2020年5月12・19日合併号 掲載

関連カテゴリー: