かつみ・さゆり 幸せでいられる秘訣「家、嫁…あるものを考える」

コロナウイルス感染拡大でぬぐい去れない収入減への不安……。そんなときは“お金がなくても幸せ”を体験済みの先輩たちに知恵を拝借しましょう。すぐに収入を増やすことは難しいけれど、「すべては気の持ちよう!」と思えたら、しめたものですーー。

 

「僕ら、みんなからよく『変わらないね』って言われる。老けない秘訣があるんです」

 

2人が現れただけで、その場がパアァッと明るくなる。かつみ・さゆりといえば、お笑い界で一、二を争うおしどり夫婦だ。

 

今年で結婚25年目になるが、当初はかつみさん(57)が信用取引で背負った2億円の借金返済に加え、かつみさんの実父がのこした10億円の負債を相続しかけるなど、まさに綱渡りの連続だったという。

 

「借金って、覚悟してするというより、ある日突然、降りかかることが多いんです。僕は株の取引で、25歳から3年間で3億を稼いで、それがバブル崩壊でまたたく間に2億円のマイナスに転じて。でも、それくらいならまた一発逆転で返せる自信があったので、自己破産という選択肢はありませんでしたね」

 

さゆりさん(50)も、そのエピソードを“なれそめ”として振り返る。

 

「共演したときに、当時はいつもクールだったかつみさんが、『どないかなりませんか!』って血相を変えて電話しているところに居合わせてしまって。聞けば、急に借金を抱えることになったと。彼の人生はどん底だったはずなのに、でも、前向きな話しかしはらない。今が底なら、あとは上がるだけだから、この人についていこうと思ったんです」

 

もともと、さゆりさんの好みは“泥だらけ”の高校球児だった。甲子園出場経験もあるかつみさんは理想にぴったりだったわけだが、さらにかつみさんが補足する。

 

「武者小路実篤が書いている詩に『泥水の中に咲く蓮の花が綺麗である』というものがあって、ものすごく感銘を受けた。蓮はお釈迦さまの花だし、清い水に咲くワサビの花じゃなく、僕はまさに泥を養分に、蓮のように大きな花を咲かそうと思っているんです」

 

その後、夫妻は大借金を減らそうと奮闘。クワガタの養殖や100円ショップ、ラーメン店の出店などの副業に手を出し……しかし、そのたびに失敗を重ねるエピソードをネタにしてきた。

 

「あのとき“どん底”だと思っていたら、もっと底があって“二重底”で、さらに数年後には“底なし”だと気づくんですが(笑)。でも彼は、『事故に遭遇するはずだったのが、この失敗で厄払いできたんやと思う』と、ずっとずっと前向きなんです」

 

そんな、かつみさんの「幸せビンボーマインド3か条」は次のとおり。

 

【1】悪いことが起きたら“厄払いできた”と考える
【2】まだ家もある、嫁はんもおる−−あるものを数える
【3】好きな人と結婚できる、自由な国に感謝しかない!

 

「人間の適応能力ってすごいんです。だんだん、ビビらんようになってくる」と、かつみさんが真意を語れば、さゆりさんも続ける。

 

「1発たたかれると痛いでしょ? でも、何発かたたかれたら、痛みって慣れてくる。そんな状態です」

 

毎月40社以上の返済に追われたこともあるが、要するに「何事も慣れ」というのが2人の結論だ。最後に、かつみさんが“老けない秘訣”をこう語る。

 

「空腹にも慣れるし、それがアンチエイジングにもなっている。『サーチュイン遺伝子』ってわかります? 飲まず食わずでいると、おなかがグーッと鳴るでしょ。それを合図に、人間は細胞分裂をやめて、老けなくなるそうですよ」

 

「女性自身」2020年5月26日号 掲載

関連カテゴリー: