“月星座”Keiko流コロナ禍の開運術「SNSを積極的に使って」

「昨年末から、木星・土星・冥王星という3つの星が、やぎ座の位置へと集結する『やぎ座トリプルグレートコンジャンクション(以下、やぎ座TGC)』が起こっています。気の遠くなるような確率で起こるこの天体現象は、’20年に“世界を揺るがすほどの影響を及ぼす”と申し上げていましたが……」

 

そう話すのは、社団法人「ルナロジー協会」の代表理事を務め、引き寄せのカリスマと呼ばれるKeikoさん。Keikoさんは本誌’19年11月19日号にて、「やぎ座TGCは“想像もつかないような大変革”をもたらす」と語っていた。このコロナ禍はまさに“予言的中”に思えるが……。

 

「まさか、ウイルスによって歴史の転換期を迎えることになるとはイメージしていませんでした。ただ、やぎ座は政府や大企業といった組織・権力などを意味する星座。じっさい、いま政権はコロナ禍への対応が多く取りざたされていますし、企業ではリモートワークの推進などによって、仕事の仕組みが変化してきていますよね」

 

冥王星の公転周期は250年。いまから1周期前、冥王星がやぎ座に位置していた1770年は、天然痘が流行した年であり、インドでは300万人が亡くなっている。冥王星がやぎ座に位置するということは、それほど世界全体に影響をもたらすということなのだ。

 

さらに、この5月からの天体の動きに大きな特徴がある、とKeikoさんは続ける。

 

「私たちの暮らしに影響を与える木星・土星・冥王星、さらに金星が“逆行”していきます。逆行とは、天体が地球から見て逆方向に移動しているように見える現象のこと。物理的に逆行しているわけではありません。この逆行によって、やぎ座が象徴するような政府・大企業はさらに変革が進み、大きな改編が起きるでしょう。政府によるコロナウイルスへの対応が遅れ、国民が不信感を抱くいっぽうで、自治体レベルでの対応に注目が集まっているのは、その前兆といえます。企業においても、末端の働き手が評価されるような、“ヒエラルキーの逆転”が起きるのではないでしょうか」

 

Keikoさんいわく、やぎ座TGCが起こっている’20年は「収入革命」の年でもある。4つの星が逆行するいまの時期にこそ、暮らしや働き方を変えることによって、収入によい影響をもたらす運が開けてくるという。

 

そこでKeikoさんが、これからの金運を手にするための「自宅でできる開運行動」を教えてくれた。

 

■自分の得意なことをノートに書き出す

 

この期間、「私は○○が得意」と思うものを書き記すことが必要だという。

 

「たとえば料理が得意なのであれば、自分のオリジナルレシピをスマホやノートに書き出して。できあがった料理の写真もスマホで撮って集めておくのがいいですね。掃除のマメさに自信がある人は、掃除のアイデアを記録するのもいいでしょう。趣味や特技、好きなことなど、“書き出してみる”ことが大事です」

 

また、過去に習得した「資格」なども書き出してみよう。

 

「花嫁修業時代や、若手社員時代に習得した資格で、いま使っていないものがあったりしませんか? 習得したにもかかわらず、知識があやふやになってきた人は、“再勉強”するのもいいですね」

 

■スマホ、パソコンなどのネット環境を積極的に使う

 

5月23日は、情報や通信を得意とするふたご座で新月を迎える。

 

「この日は、ネット環境や、通信機器などを見直すのに適しています。スマホを買い換えるなら、この日がいいでしょう。星たちの動きから見ても、情報・人脈・知識を増やすことはこれからの開運のカギになります。外の人たちに向けて積極的に発信することは、とても大事です」

 

ツイッターやインスタなどのSNSの経験がない人は、なんでもよいのでアカウントを作ってみてほしいとKeikoさんは呼びかける。

 

「手作りマスクといった製作品や、自分で作った料理などは、積極的にアップしてみましょう。また、スマホやパソコンの写真やデータの整理も運気を上げます。消してもよいものは、どんどん消すのがオススメ」

 

■本棚を整理する

 

「インターネットから以外でも、情報や知識などを快適に収集できる環境を作るために、ぜひともやってほしいことです。空間に余裕がある人は、在宅勤務用の“ワーキングスペース”をキチンと確保して、じっくり情報と向き合える環境を作りましょう」

 

■離れた親を愛で包むイメージをする

 

「今年のGWは、離れた両親に会えなかった人も多いでしょう。親に電話したときや、何かのきっかけで親を思い出したときには、マゼンダ色(鮮やかな赤紫)の光で両親を包み込むイメージをします。マゼンダ色が表すものは、“無条件の愛”。イメージしているあなた自身も優しい気持ちに包まれ、運を開く体質へと変えていきます」

 

■「開運行動」の実践は時間をかけて行う

 

「これまでよしとされてきた時短とは逆の暮らしを。一つ一つの作業を、丁寧にゆっくりやっていきましょう。『収入革命』の年を過ごすにあたり、運を引き寄せる習慣はじっくり重ねていくべきです」

 

緊急事態宣言が一部地域を残し解除されたとはいえ、まだまだ自宅での時間は生活の大部分を占めそう。Keikoさん直伝の“開運行動”を実践し、アフターコロナにやってくる金運を掴みとろう。

 

「女性自身」2020年6月2日号 掲載

関連カテゴリー:
関連タグ: