支援物資は栄養が偏りがち…備えておきたい基本の非常食

「9月1日は防災の日。コロナ禍で自粛生活を経験した今こそ、災害時に命を守る食の備蓄について考えてみませんか?」

 

そう語るのは、主婦の視点での防災対策を提唱する危機管理アドバイザーの国崎信江さん。

 

「非常食=特別な食ではありません。『ステイホーム』の際に、多めの食料をスーパーで買いましたよね? この“多めに買う習慣”はそのまま災害への備えになるんです」

 

日々のスーパーでの買い物が、そのまま非常食になると国崎さん。

 

「まず家に食材が何日分あるかを確認しましょう。冷蔵庫の中身を全部食べると3日分はありませんか? さらにお米や麺類、缶詰、レトルト食品など常温保存している家の中の食料すべてで7日分くらいになるのではないでしょうか?」

 

たしかに、今、家にある食料だけで10日分くらいはあるかもしれない。

 

「『非常食は10日分備蓄してください』というと、皆さん、難しそうな顔をされます。でも、毎日のスーパーの買い物で、すでに準備できているご家庭も多いんですよ」と国崎さん。

 

「日ごろから、食料を多く備えておき、それをふだん食べて消費しながら、買い足していくことで、一定の量の食料がいつも家に備蓄されているようにしましょう」

 

主婦で3人の子どもの母でもある国崎さんは、「家庭内流通備蓄」として、こう提唱した。この考え方は、現在「ローリングストック」と呼ばれ、広く普及している。

 

「アルファ米や缶パンなどのいわゆる“非常食”は、費用の面でも割高ですし、栄養の偏りや、賞味期限の管理も負担になります。一方、日ごろから食べるものを多めに買い、消費したら買い足す、という方法なら、賞味期限もこまめにチェックできますし、ふだんから栄養バランスに気を配れば、災害時の健康管理にもつながります。食べ慣れた味は、災害時のストレスを軽減する効果も」

 

何より、特別なことをするのではなく、スーパーでの買い物という日常の中で、非常時への備えができるのだという。

 

「私もふだんの生活でローリングストックを行っています。非常食は、ふだん買い物に行くスーパーで少し多めに買う。これで十分そろいます」

 

そう笑顔で話すのは、主婦の目線で防災情報を発信するサイト「いつもしも」のママさんライターであるトコさんだ。災害時には、栄養不足、精神的ストレス、衛生環境の悪化など、健康を悪化させる要因が増加する。だからこそ、自分で備えられる食料で、「栄養」面を対策したいもの。

 

そこで、栄養面の観点で、ふだんからスーパーで買っておきたい食材についてトコさんに聞いてみた。

 

「ライフラインが途絶える災害時、私たちの“いのち”をつなぐのに、もっとも必要なのは、水です。飲み水としてはもちろん、水がないとご飯も炊けませんし、カップ麺も作れません。また、栄養不足で疲れやすくなり、動けなくなって、さらに身体機能が低下する、という悪循環に陥りがち。ゆえに、エネルギー源となる、米や麺類などの主食は必須です。わが家では10日分常備しています」

 

まずはカロリー摂取が基本となるが、東日本大震災では「カップ麺などカロリーばかり重視した食事が多く、栄養の偏りによる体調不良も多かったそうです」と、トコさん。

 

「特に、ビタミンやタンパク質、食物繊維が不足しがちになると聞きました。そこで、ふだんの買い物をするときにも、不足しがちな栄養素が取れる食品を選ぶように心がけています」

 

たとえば、タンパク質が不足すると、筋力低下、低血糖や低体温などが起こりやすくなる。

 

「私は大豆が好きなので、タンパク質は豆乳などの大豆製品をメインに。水でもどして食べる大豆ミートはケチャップやマヨネーズで味つけするとおいしいし、日もちもするのでいいですよ。パウチのサラダチキン、魚や肉の缶詰もよく買っています」

 

野菜の摂取が難しくなる災害時はビタミンや食物繊維の不足から便秘、肌荒れ、口内炎が起こりやすくなる。

 

「ビタミンは、玉ねぎやかぼちゃ、芋類などの常温保存できる野菜や、ほうれん草、アスパラガスなどを冷凍保存したもの、野菜ジュースで摂取したいと思っています。さらに最近、スーパーでよく見るようになった『パウチ野菜』は、ごぼうやじゃがいもなど種類も多く、使い切りサイズなどでふだんから消費しやすくておすすめ。食物繊維は、切り干し大根や干し芋などの乾燥野菜で、生で食べるより栄養価も高そうです」

 

現代人はミネラル不足といわれているが、避難生活の偏った食事ではさらに足りなくなる懸念が。トコさんはミネラル摂取のために、ドライフルーツや海藻、海苔をふだんから購入している。

 

「災害時にはメンタルを安定させてくれる“心の栄養”になるものも必要です。私の周りには、大好きなコーヒーの香りを嗅ぐだけで、落ち着けるという人も多い。私もコーヒーとチョコの組み合わせが好きで日ごろからストックを欠かさないようにしています。うちの子はカップスープが好きで毎朝飲んでいますが、これも非常時の“心の栄養”として多めに買っています。きっと、災害時に重要なのは、ふだんの暮らしを思い出せる食事なのだと思うんです」

 

スーパーの食材は、災害時の健康を栄養面だけでなく、精神面からも支えてくれる。

 

「女性自身」2020年9月15日 掲載

関連カテゴリー: