認知症になった専門医の長女にあった「父の異変への不安」
桜の咲く公園に出かけたまりさんと長谷川医師(提供:まりさん) 画像を見る

「父の日記には『電車を乗り間違えた』『講演の途中で話すことがわからなくなった』といった記述がだんだんと増えていきました。認知症の専門医である自分が、認知症かもしれない……という恐怖や心配は、父の心にあったと思います」   そう語るのは、認知症専門医の長谷川和夫さん(92)を父に持つ、南高まりさん(59)。   長谷川さんは、聖...

関連カテゴリー:
関連タグ: